コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワンタン(雲呑) ワンタン

2件 の用語解説(ワンタン(雲呑)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ワンタン(雲呑)【ワンタン】

ホヌトンの転訛(てんか)語。中国料理点心の一種。小麦粉【かん】水(かんすい)を入れてこね,薄く伸ばし10cm角くらいの皮を作り,少量の豚ひき肉,刻みネギなどを入れホオズキ形に包んでゆでる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ワンタン【ワンタン(雲呑)】

中国料理の一種。小麦粉をこねてギョーザの皮と同じくらいにごく薄く伸ばし,6~7cm角に切り,少量の肉と野菜を包んでゆでスープに入れたもの。中国北方では餛飩と書くが,広東省,福建省,台湾などでは雲呑,四川省では抄手と書く。〈ワンタン〉は福建語の音に由来する。歴史は古く,多くの古書にワンタンの記事が見られる。最も古いのは,漢代の《方言》にある〈餅これを餛という〉であり,唐代の《資暇録》には餛飩は混沌とした形からきたものとあり,南宋の《武林旧事》に〈冬至に,金持は味や形の異なる百味餛飩を作る〉という記事がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ワンタン(雲呑)の関連キーワード北京料理花林糖餃子切麦春巻小籠包衣揚げ春巻き

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone