コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワンタン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワンタン

とも書く。中国料理点心の一種。中国では一般にこん飩 hun-tunといい,うどんの原型ともいわれている。小麦粉でつくった薄い皮で豚ひき肉,ねぎなどを混ぜたあんを包み,スープに入れてゆでる。材料の包み方は皮の一端に少量入れ,端を少し折返して押えたり,のし形に包んだり,皮の中央に入れ,巻いたものを両端を合せて馬蹄形にしたものなどがある。油で揚げる炸呑もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワンタン
わんたん / 雲呑

中国料理の点心(てんしん)の一つで、正式にはフントゥンという。作り方は、小麦粉に卵、水、塩を加えて十分こね合わせ、これをごく薄く伸ばして10センチメートルくらいの正方形に切って皮をつくる。豚ひき肉に少量のしょうが汁としょうゆを入れてよく混ぜ合わせ、小指の先ほどの肉を前述の皮の一部でちょっと包み、熱湯でゆでる。あるいは味つけしたスープに直接入れてもよい。たっぷりのスープに6包みくらい入れて、せん切りネギを浮かして熱いところを供する。これはスープと滑らかな皮を賞味する料理なので、肉はごく少量を包み、包み方も薄い皮が固まらないようなくふうが必要である。中国では正月3日にはこれを食べる風習があるが、正月6日の財神祭には元宝湯(ユワンパオタン)を食べる。元宝湯は(フントゥン)と同じ皮をつくり、中央に親指大に肉を入れ、対角線に二つ折りにして両端を手前に折り合わせて馬蹄(ばてい)形につくる。すなわち元宝(ユワンパオ)(昔の貨幣)に似た形につくってスープに入れて食べ、発財(フアーツアイ)(金持ちになること)を祈るという。皮がべとつかないようにするには、少量の(かんすい)を入れる。[野村万千代]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワンタンの関連情報