コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一戸[町](読み)いちのへ

百科事典マイペディアの解説

一戸[町]【いちのへ】

岩手県北部,二戸(にのへ)郡の町。八戸自動車道が通じ,アイジーアールいわて銀河鉄道に沿う中心の一戸は中央部を馬淵(まべち)川が北流し,奥州街道宿場街として栄えた。古くから馬の産地として有名。レタスアスパラガス,トマト,ブドウ,リンゴなどを産し,畜産も行う。根反(ねそり)に大ケイ化木(特別天然記念物)がある。東日本大震災で,町内において被害が発生。300.03km2。1万4187人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いちのへ【一戸[町]】

岩手県二戸(にのへ)郡の町。人口1万7906(1995)。県北部に位置し,北は二戸市に接する。西は奥羽山脈,東は北上高地の山々が占め,中央部を馬淵川が北流し,川沿いにわずかの低地がみられる。中心の一戸は古くから奥州街道の宿場として発達し,現在は東北本線,国道4号線が通る。第2次世界大戦前は馬産地として知られた。酪農,畜産,畑作を中心とする農業が主要産業で,山麓丘陵地では酪農の育成団地化や搾乳加工団地化が進められ,またレタス,アスパラガスなど高冷地野菜が栽培されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる