コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一戸[町] いちのへ

2件 の用語解説(一戸[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

一戸[町]【いちのへ】

岩手県北部,二戸(にのへ)郡の町。八戸自動車道が通じ,アイジーアールいわて銀河鉄道に沿う中心の一戸は中央部を馬淵(まべち)川が北流し,奥州街道の宿場街として栄えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いちのへ【一戸[町]】

岩手県二戸(にのへ)郡の町。人口1万7906(1995)。県北部に位置し,北は二戸市に接する。西は奥羽山脈,東は北上高地の山々が占め,中央部を馬淵川が北流し,川沿いにわずかの低地がみられる。中心の一戸は古くから奥州街道の宿場として発達し,現在は東北本線,国道4号線が通る。第2次世界大戦前は馬産地として知られた。酪農,畜産,畑作を中心とする農業が主要産業で,山麓丘陵地では酪農の育成団地化や搾乳加工団地化が進められ,またレタスアスパラガスなど高冷地野菜が栽培されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

一戸[町]の関連キーワード岩手県二戸市岩手県立大学岩手大船渡久慈末の松山遠野二戸天台寺

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone