コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一戸[町] いちのへ

世界大百科事典 第2版の解説

いちのへ【一戸[町]】

岩手県二戸(にのへ)郡の町。人口1万7906(1995)。県北部に位置し,北は二戸市に接する。西は奥羽山脈,東は北上高地の山々が占め,中央部を馬淵川が北流し,川沿いにわずかの低地がみられる。中心の一戸は古くから奥州街道の宿場として発達し,現在は東北本線,国道4号線が通る。第2次世界大戦前は馬産地として知られた。酪農畜産畑作を中心とする農業が主要産業で,山麓丘陵地では酪農の育成団地化や搾乳加工団地化が進められ,またレタス,アスパラガスなど高冷地野菜が栽培されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

一戸[町]の関連キーワードアイジーアールいわて銀河鉄道[株]

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android