コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一本刀土俵入 いっぽんがたなどひょういり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一本刀土俵入
いっぽんがたなどひょういり

歌舞伎作品。2幕5場。長谷川伸作。 1931年東京劇場で6世尾上菊五郎が初演序幕取手の宿。相撲の親方に見放され一文無しの取的 (とりてき。下級力士) 駒形茂兵衛に,我孫子屋の酌婦お蔦は櫛やかんざし,金を恵んでやる。 10年後 (2幕目) ,お蔦は船印彫師の夫との間に娘をもうけ,飴売りを営んでいる。夫が賭場でいかさまをして追いつめられるが,渡世人となった茂兵衛が恩返しに助けて逃がす。大衆に人気のある股旅物の傑作で,新国劇など歌舞伎以外の分野でも上演される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いっぽんがたなどひょういり〔イツポンがたなドヘウいり〕【一本刀土俵入】

長谷川伸の戯曲。2幕。昭和6年(1931)、雑誌「中央公論」6月号に発表。同年7月、東京劇場にて6世尾上菊五郎、5世中村福助らの出演により初演。歌舞伎のほか、映画化、テレビドラマ化作品もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いっぽんがたなどひょういり【一本刀土俵入】

戯曲。2幕5場。長谷川伸作。1931年6月東京劇場初演。配役は駒形茂兵衛を6世尾上菊五郎,辰三郎を13世守田勘弥,お蔦を5世中村福助ほか。作者得意の股旅物。出世しそこなった相撲取りの駒形茂兵衛が博徒になって,むかし恩をうけた酌婦のお蔦の危急を救うという筋。初演の6世菊五郎の駒形が,前半ではうだつのあがらぬ取的の飢えと哀れさ,後半では颯爽たる俠客ぶりを巧みにみせ,とくに幕切れの名せりふ〈……しがねえ姿の土俵入りでござんす〉で評判をとった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いっぽんがたなどひょういり【一本刀土俵入】

戯曲。長谷川伸作。1931年(昭和6)「中央公論」に発表。相撲取りになりそこねた上州駒形村生まれの茂兵衛が、酌婦お蔦の恩を忘れず、彼女の危難を救う股旅物またたびもの

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一本刀土俵入
いっぽんがたなどひょういり

長谷川伸(はせがわしん)の戯曲。2幕。1931年(昭和6)『中央公論』6月号に発表。同年7月東京劇場で6世尾上(おのえ)菊五郎の茂兵衛(もへえ)、5世中村福助のお蔦(つた)などで初演。親方に破門された褌(ふんどし)担ぎの取的駒形(こまがた)茂兵衛は、取手(とりで)の宿(しゅく)の安孫子屋(あびこや)の酌婦お蔦から金子(きんす)などを恵まれ、りっぱな関取になると誓って別れる。10年後博徒となった茂兵衛はお蔦を尋ねて同地を訪れる。捜し当てたお蔦はいまはいかさま博打(ばくち)打ち辰三郎(たつさぶろう)の女房で、ちょうど追っ手がかかったところ。報恩の金を握らせて親子3人を落ち延びさせた茂兵衛の「棒切れを振り廻(まわ)してする茂兵衛の、これが、十年前に、櫛(くし)、簪(かんざし)、巾着(きんちゃく)ぐるみ、意見をもらった姐(あね)さんに、せめて、見て貰(もら)う駒形の、しがねえ姿の、横綱の土俵入りでござんす」という台詞(せりふ)で幕になる。詩情豊かな舞台面に、演者と観客の芝居心を巧みにとらえた作品で、歌舞伎(かぶき)、新国劇から女剣劇に至るまで、上演回数は作者の作品中もっとも多く、映画、テレビにも繰り返し取り上げられている。[藤田 洋]
『『長谷川伸全集16 戯曲』(1972・朝日新聞社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

一本刀土俵入の関連キーワード中村 勘三郎(17代目)河原崎 国太郎(5代目)尾上 菊五郎(6代目)片岡 愛之助(5代目)おもな浪花節の演目喜多村 緑郎沓掛時次郎清雁寺繁盛長谷川 伸松浦海之介中嶋宏太郎中野 弘子山崎竜之介金沢きくこ長谷川稀世早瀬栄之丞片岡千恵蔵細川 潤一島田 正吾黒河内雅子

一本刀土俵入の関連情報