一竜斎貞山(6代)(読み)いちりゅうさい ていざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一竜斎貞山(6代) いちりゅうさい-ていざん

1876-1945 明治-昭和時代前期の講談師。
明治9年11月26日生まれ。4代,5代の門弟で,明治40年6代を襲名。「義士伝」などが名人芸といわれ,ラジオの普及とともに全国に知られた。晩年は講談組合頭取と落語協会会長をかねた。昭和20年3月10日東京大空襲で死去。70歳。東京出身。本名は桝井(ますい)長四郎。前名は昇竜斎貞丈(3代)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android