危機一髪(読み)ききいっぱつ

四字熟語を知る辞典「危機一髪」の解説

危機一髪

髪の毛一本ほどの違いで安危が分かれるような、きわめて危険な状態。ひとつ間違えば危険に陥りそうなこと。あぶないせとぎわ。

[使用例] ちょっと寒月君のご高話を拝聴つかまつろうじゃないか。今大変なところだよ。いよいよ露見するか、しないか危機一髪という安宅の関へかかってるんだ[夏目漱石*吾輩は猫である|1905~06]

[使用例] もう何と言われても、自分の信念は揺るぎはしない。自分は危機一の際に喰い止めたのだ。もう大丈夫、もうたしかだ[谷崎潤一郎*二人の稚児|1918]

[使用例] 地獄の女「その、溝に落ちていたんじゃないの?」フーテン女「屋上からおっこちて来たのよ。危機一髪だったわ」[安部公房*棒になった男|1969]

[解説] 書き間違えないようにと、よく注意される四字熟語の代表です。そう、「危機一発」と書かれやすいのです。
 危機が髪の毛一本の幅ほどの近さに来る、と覚えておけば、迷うことはありません。もっとも、「銃弾が一発通過するように危機が通り過ぎた」と考えれば、「危機一発」と書きたくもなります。
 一九六〇年代に公開された映画「007危機一発」は、この表記を広めるのに大きな役割を果たしました。その後、映画「ドラゴン危機一発」や、おもちゃの「黒ひげ危機一発」などが続きました。
 現在ならば、慣用と異なる表記はすぐに問題視されたでしょう。でも、昔はそのあたりはおおらかでした。
 そもそも、「危機一髪」の例は二〇世紀以降にしかなく、このことば自体、さほど伝統的なものではありません。中国語の簡体字では「髪」も「発」も「」と書き、問題は発生しません。
 「一髪」は「間一髪」「機一髪」の形でも使われます。これらも同じ意味です。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「危機一髪」の解説

きき‐いっぱつ【危機一髪】

髪の毛1本ほどのごくわずかな差で危機におちいりそうな危ない瀬戸際。「危機一髪のところで難を免れる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「危機一髪」の解説

きき‐いっぱつ【危機一髪】

〘名〙 髪の毛一本ほどの違いで安危が分かれるような、きわめて危険な状態。ひとつ間違えば危険に陥りそうなこと。あぶないせとぎわ。
※地獄の花(1902)〈永井荷風〉一六「明日の紙上を、と言ふ危機一髪の記事を読んだ其の朝である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android