七北田川(読み)ななきたがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七北田川
ななきたがわ

宮城県中部,奥羽山脈泉ヶ岳に源を発し,仙台市域を東流し七北田丘陵と富谷丘陵の間を流れて仙台市蒲生で仙台湾に注ぐ川。全長 34km。下流は冠川 (かんむりがわ) とも呼ばれる。江戸時代には蒲生から仙台市小田原まで流路に並行して御舟入堀の運河があり,蒲生で貞山堀と連絡し,御城米の輸送路であった。上流域の七ッ森とヶ岳は仙台市民のレクリエーション地。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

七北田川
ななきたがわ

宮城県中央部を南東流する川。奥羽山脈の北泉(きたいずみ)ヶ岳に発し、仙台市の北東部を流れて仙台湾に注ぐ。延長34キロメートル。流域面積367平方キロメートル。仙台市宮城野区岩切までの中流部では曲流し、2、3段の段丘をつくり、下流では沖積平野を形成する。河口の蒲生(がもう)は、仙台藩の年貢米が集められ、舟入堀(ふないりぼり)を利用して苦竹(にがたけ)米蔵へ輸送されるなど、鉄道の開通時まで大いに繁栄した。[境田清隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七北田川の関連情報