コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三井八郎右衛門 みついはちろうえもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三井八郎右衛門
みついはちろうえもん

三井家の開祖三井高利 (1622~94) 以来の三井総領家代々の家長の呼び名。第1代高利から 1947年第 11代高公の代に三井財閥が解体されるまでほぼ 300年続いた。2代高平 (53~1737) ,3代高房 (1684~1748) ,8代高福 (1808~85) ,9代高朗 (37~94) ,10代高棟 (57~1948) らが有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

三井八郎右衛門【みついはちろうえもん】

三井家を代表する世襲の名。三井高利の長男高平〔1653-1737〕が初代。総領家の当主が名乗るとは限らなかった。高平の子で《町人考見録》を著した高房〔1684-1748〕,三井財閥の基礎を築いた13代高福(たかよし)〔1808-1885〕,15代高棟(たかみね)〔1857-1948〕らが有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みついはちろうえもん【三井八郎右衛門】

江戸時代の呉服・両替商,のちの財閥三井家の歴代当主通称の一つ。11家からなる三井家当主の通称は,各家・各当主個人に固定したものではなく,11家内で〈譲替え〉が行われていた。これは11家の家産共有制に由来するものとみられる。八郎右衛門は,呉服店や幕府御用の名前として使われて,内部的にも最重要な名前と意識され,一般にも最も通用した。歴代の八郎右衛門名前使用者は,北家2代高平(家法《宗竺遺書》,家伝記制定者),伊皿子家初代高富(店制度考案者),新町家初代高治(家法=商売記制定者),北家3代高房(《町人考見録》編者),新町家2代高方,北家4代高美,新町家3代高弥,伊皿子家3代高登,北家5代高清,同6代高祐,新町家5代高雅,同6代高満,北家8代高福(維新期中興の祖),同9代高朗,同10代高棟(財閥形成者),同11代高公である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の三井八郎右衛門の言及

【三井高福】より

…幕末・維新期に三井総領家の当主として活躍した商人・実業家。第13代三井八郎右衛門。高就(たかなり)の子として京都に生まれる。…

※「三井八郎右衛門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三井八郎右衛門の関連キーワード千宗左(7代)三井 礼子日本永代蔵せんさい三井高平西村郡司金剛右京三井高福表千家軍手

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三井八郎右衛門の関連情報