三十六計逃げるに如かず(読み)サンジュウロッケイニゲルニシカズ

デジタル大辞泉の解説

三十六計(さんじゅうろっけい)逃げるに如(し)かず

形勢が不利になったときは、あれこれ思案するよりも、逃げてしまうのがいちばんよい。転じて、めんどうなことが起こったときには、逃げるのが得策であるということ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんじゅうろっけいにげるにしかず【三十六計逃げるに如かず】

〔南斉書 王敬則伝〕 作戦はいろいろあるが、逃げるべきときには逃げて身の安全を保ち、のちの再挙を図るのが最上の策である。
(転じて)面倒な事からは手を引いて逃げるのが一番よい、というたとえ。逃げるが勝ち。三十六計走るを上計となす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三十六計逃げるに如かず
さんじゅうろっけいにげるにしかず

(ことわざ)。多くのはかりごとのうち、迷ったときには機をみて身を引き、後日再挙を期すのが最上の策であるとする教え。転じて、困ったときには逃げるのが得策の意。単に「逃げるが勝ち」ともいう。中国、南北朝時代に、南朝の王敬則(おうけいそく)が反乱軍を率いて斉(せい)王の蕭道成(しょうどうせい)父子を建康(けんこう)(現在の南京(ナンキン))に攻めたとき、斉王父子が遁走(とんそう)したといううわさを聞き、南朝宋(そう)の名将檀道済(たんどうさい)が「三十六策走(にぐ)るがこれ上計なり」と魏(ぎ)の軍を避けた故実を引いて、斉王父子をあざけったことに由来する。もと、敵前逃亡する者を卑怯(ひきょう)者とののしることの意であったが、わが国では、転じて、逃げるを上策とする意にとられるようになった。[棚橋正博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

さんじゅうろっけい【三十六計】=逃(に)げるに如(し)かず[=逃(に)げるが勝(か)ち・=走(はし)るを上計(じょうけい)となす]

たくさんあるはかりごとのうち、困ったときは、あれこれ考え迷うよりは、機を見て逃げ出し、身を安全に保つことが最上の方法である。臆病やひきょうなために逃げるのではなく、身の安全をはかって、後日の再挙をはかれ、ということを教えたもの。転じて、めんどうなことがおこったときは、逃げるのが得策であるの意。逃げるが勝ち。三十六策走るを上計となす。三十六計
※無刊記刊本碧巖鈔(1620‐40頃)一「三十六之兵法の中ににぐるを為上策と也」
※歌舞伎・土蜘(1881)「『凡そ武芸の一通りは、何でもかでも皆得手ぢゃ』『三十六計逃げるが勝と』」 〔冷斎夜話‐巻九・三十六計走為上計〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android