コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三室戸寺 みむろどじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三室戸寺
みむろどじ

京都府宇治市にある天台寺門宗の寺。山号は明星山。西国三十三所第 10番札所。宝亀年間 (770~780) 行表創建康和1 (1099) 年隆明白河,堀河両天皇の庇護を得て再興。室町時代末期に衰えたが,現在は観音霊場として参詣人が多い。寺宝の仏像は,いずれも藤原時代の作。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

三室戸寺【みむろとじ】

京都府宇治市にある本山修験宗の寺。もと天台宗寺門派。西国三十三所第10番札所。宝亀年間(770年―781年)志津川に出現した千手観音像を行表が堂宇に安置したのが起源,805年円珍が再建したという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

三室戸(みむろと)寺

京都府宇治市にある寺院。創建は770年。本山修験宗別格本山、本尊は千手観世音菩薩。アジサイや紅葉の名所。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みむろどじ【三室戸寺】

京都府宇治市にある本山修験宗の寺。明星山と号し,もと天台宗寺門派。西国三十三所観音霊場の第10番札所。寺伝では,宝亀年間(770‐781)付近の志津川岩淵で感得した千手観音を光仁天皇に献上し,天皇が大安寺の行表に命じて伽藍を造営させたのが草創という。11世紀には三井寺末寺となり,1099年(康和1)ごろに三井寺の修験僧隆明が堂舎修造して中興した。こうして平安後期以降,観音巡礼と修験の寺として衆庶の信仰を集めてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

みむろとじ【三室戸寺】

京都府宇治市にある天台宗系の寺。山号は明星山。西国三十三所第十番札所。宝亀年間(770~781)行表の開基。初め御室戸寺と称したが、三井寺の修験僧隆明が中興した際に、現寺名に改称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三室戸寺
みむろとじ

京都府宇治市菟道滋賀谷(とどうしがだに)にある本山修験(しゅげん)宗の寺。山号は明星山(みょうじょうさん)。本尊は千手観音菩薩(せんじゅかんのんぼさつ)。西国三十三所第10番札所。縁起では、開創は宝亀(ほうき)年間(770~780)と伝え、右少弁犬養(うしょうべんいぬかい)が御室戸(みむろと)山の奥の岩淵(いわぶち)に光っていた金銅千手観音像を持ち帰り、光仁(こうにん)天皇が奈良大安寺の僧行表(ぎょうひょう)に伽藍(がらん)の造営を命じて祀(まつ)り、御室戸寺と号したのを始まりとする。のち桓武(かんむ)天皇がビャクダンでつくらせた観音像の胎内に金銅の尊像を納めて大供養(くよう)を営み、三条(さんじょう)天皇は法華(ほっけ)堂を、白河(しらかわ)天皇は常行堂を寄進するなど、代々の天皇の尊崇を得て盛んになっていった。花山(かざん)、三条、白河三帝の離宮となってのちに三室戸寺と改号、1487年(文明19)現在地に再興。現本堂は1814年(文化11)に建立したものである。木造の阿弥陀如来(あみだにょらい)像と両脇侍坐像(きょうじざぞう)、毘沙門天(びしゃもんてん)立像、釈迦(しゃか)如来立像(いずれも平安後期、国重要文化財)のほか、十八神社本殿(室町時代、国重要文化財)、三重塔(江戸時代)など寺宝も多い。[中山清田]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

三室戸寺の関連キーワード京都府宇治市春草廬開基良成

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三室戸寺の関連情報