コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北茂安 きたしげやす

2件 の用語解説(北茂安の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北茂安
きたしげやす

佐賀県東部,みやき町中部の旧町域。筑後川右岸にある。 1965年町制。 2005年中原町,三根町と合体しみやき町となる。地名は,慶長年間 (1596~1615) 筑後川の洪水防御のためここに千栗 (ちりく) 土居を築いた,肥前藩の重臣成富兵庫茂安に由来する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北茂安
きたしげやす

佐賀県東端、三養基(みやき)郡にあった旧町名(北茂安町(ちょう))。現在は、みやき町の中部を占める地域。東隣の福岡県久留米(くるめ)市街とは筑後(ちくご)川の豆津(まめづ)橋で通じる。旧北茂安町は、1965年(昭和40)町制施行。2005年(平成17)中原(なかばる)、三根(みね)2町と合併して、みやき町となった。北部に花崗(かこう)岩や洪積層の丘陵・台地が分布し、南に筑後川の氾濫原(はんらんげん)が広がる。北茂安の名は、江戸初期に千栗土居(ちりくどい)などの築堤工事に功があった佐賀藩重臣成富兵庫茂安(なりとみひょうごしげやす)の名にちなむ。開発は古く、沖積低地には古代の条里制が施行され、また『肥前国風土記(ひぜんのくにふどき)』にみる物部(もののべ)郷は、台地末端の板部(いたべ)にある新羅(しらぎ)遠征軍ゆかりの物部神社一帯とされる。江口の工業団地や石貝(いしがい)住宅団地などの形成や、通勤、野菜園芸などを通して、久留米の郊外の性格が強まっている。東端の筑後川沿いに国道264号が走る。北部の皿山(さらやま)などには、白石(しらいし)焼ほかの窯元がある。旧河道古川(ふるかわ)に近い丘陵末端の千栗八幡宮(ちりくはちまんぐう)は、九州五社八幡の一つで、9月放生会(ほうじょうえ)の行列浮立(ぶりゅう)や、年の吉凶を占う3月の「お粥(かゆ)だめし」の神事などで有名。[川崎 茂]
『『北茂安町史』(2005・北茂安町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北茂安の関連キーワード佐賀県三養基郡みやき町江口佐賀県三養基郡みやき町白壁佐賀県三養基郡みやき町中津隈佐賀県三養基郡みやき町西島佐賀県三養基郡みやき町原古賀佐賀県三養基郡みやき町東尾佐賀県三養基郡みやき町東津三根〈町〉佐賀県三養基郡みやき町簑原佐賀県三養基郡

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北茂安の関連情報