コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三瓶温泉 さんべおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三瓶温泉
さんべおんせん

旧称は志学温泉。島根県中部,大田市三瓶山南麓に湧出する温泉。食塩泉で,泉温は 39~44℃。神経痛リウマチなどに効能。かつては周辺農村の湯治客用の温泉であったが,大田市へ合併後積極的な開発が進み,観光施設が整備された。三瓶山への登山基地で,スキー場としても有名。国民保養温泉地に指定。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三瓶温泉
さんべおんせん

島根県中央部、大田(おおだ)市三瓶町志学(しがく)にある温泉。三瓶山の南斜面中腹に位置し、泉源は5か所にある。寛政(かんせい)年間(1789~1801)の記録に「四岳の湯谷温泉」とある。低温で泉量も少ない温泉であったが、1872年(明治5)の浜田地震で泉温が上昇した。志学温泉と呼称される湯治場であったが、1959年(昭和34)国民保養温泉地に指定され、三瓶温泉と改称した。泉質は塩化物泉。近年観光地化が進んでいる。国民宿舎があり、ハイキングの基地としても利用されている。JR山陰本線大田市駅からバスの便がある。[野本晃史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

三瓶温泉の関連キーワード大山隠岐国立公園大田(市)

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android