志学(読み)シガク

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐がく【志学】

〘名〙
① 学問にこころざすこと。
※蔭凉軒日録‐長享元年(1487)七月二七日「愚乃手之告諸徒曰、古林志学者無老少皆写此一本、以為造文之捷径。今丁衰世上何也。学之衰可知耳」 〔宋書‐臧燾伝〕
② (「論語‐為政」の「吾十有五而志于学」の文から) 一五歳をいう。
※三教指帰(797頃)上「余年志学、就外氏阿二千石文学舅、伏膺鑽仰」
※太平記(14C後)一「志学(シガク)の歳の始より、六義の道に長じさせ給へり」 〔陶潜‐責子詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

故事成語を知る辞典の解説

志学

一五歳の異称

[使用例] あなた様はちょうどその志学のお年頃でございましょう、ところが私なんぞは三十にして立たず、四十にして腰が抜けというところなんでございます[中里介山大菩薩峠|1913~41]

[由来] 「論語―為政」に出て来る、「吾十有五にして学を志す(私は一五歳のときに、学問の道に進もうと心を決めた)」という孔子のことばから。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報