コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三田川[町] みたがわ

百科事典マイペディアの解説

三田川[町]【みたがわ】

佐賀県東部,神埼(かんざき)郡の旧町。佐賀平野の中部を占め,低地水田が広く,北部の台地ではミカンなどの果樹栽培が盛ん。佐賀東部中核工業団地が造成され,電子工業などの工場が進出。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みたがわ【三田川[町]】

佐賀県南東部,神埼郡の町。1965年町制。人口9578(1995)。町域は南北に細長く,北部は脊振山麓南端にあたる丘陵地,南部はクリーク地帯である。弥生時代の住居跡や貝塚,古墳や条里制の遺構などがあり,ことに吉野ヶ里遺跡では,日本一の規模をもつ環濠集落をはじめ,墳丘墓,物見やぐらなどが発見され,歴史公園として保存されている。工業を主産業とし,被服,電気器具,建設材料などの工場があり,工業団地の造成も進む。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android