コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三菱地所[株] みつびしじしょ

百科事典マイペディアの解説

三菱地所[株]【みつびしじしょ】

総合不動産業でわが国2位。1937年三菱合資(三菱財閥参照)地所部が独立,1890年払下げを受けた丸の内の土地(約27万m2)に建設した赤煉瓦の事務所街や丸ビル継承

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みつびしじしょ【三菱地所[株]】

東京丸の内地区を基盤とする賃貸ビルの最大手企業。近年は住宅・地域開発,建築設計分野の事業も積極的に展開している。 1937年,三菱合資会社(同社は同年(株)三菱社に,のち(株)三菱本社になる)地所課が独立して設立された。その事業の沿革は,1890年,当時の三菱社が政府から丸の内の土地および神田三崎町の土地合計約35万3000m2を購入したことに始まる。三菱社はこの土地にイギリス人建築家J.コンドルの設計による赤煉瓦造のビルをつぎつぎに完成させ,〈一丁ロンドン〉と呼ばれるモダンなオフィス街をつくりあげた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の三菱地所[株]の言及

【不動産業】より

…現,国土計画)などの電鉄系各社による都市郊外での土地開発と住宅供給が盛んになった。昭和になってからはオフィス街のビル経営も本格的になり,1937年に三菱地所が,41年に三井不動産が設立され,財閥の不動産部門が独立しはじめた。しかし第2次大戦前の不動産業界は概して小規模で,産業としての形態はまだ整えていなかった。…

※「三菱地所[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三菱地所[株]の関連キーワード横浜ランドマークタワーコンドル

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三菱地所[株]の関連情報