コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三角寛 みすみかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三角寛
みすみかん

[生]1903.7.2. 大分
[没]1971.11.8. 東京
小説家。本名,三浦守。日本大学法科卒業。 1926年朝日新聞社入社。社会部記者の体験を生かして犯罪実録を書いていたが,のちに『怪奇の山窩』 (1932) ,『山窩血笑記』 (37) などで山窩小説の新分野を開いた。学位論文『山窩族の社会の研究』で 62年文学博士。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

みすみ‐かん〔‐クワン〕【三角寛】

[1903~1971]小説家。大分の生まれ。本名、三浦守。山窩(さんか)族の研究でも知られ、小説「山窩血笑記」など多数発表。第二次大戦後は東京池袋で映画館の経営に専念。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三角寛 みすみ-かん

1903-1971 昭和時代の小説家。
明治36年7月2日生まれ。「東京朝日新聞」記者として犯罪実話をかく。のち山の民「山窩(さんか)」を研究し,「山窩血笑記」など山窩小説を多作した。戦後は東京池袋で映画館人世坐,文芸座を経営。昭和37年「山窩族の社会の研究」で文学博士となった。昭和46年11月8日死去。68歳。大分県出身。日大卒。本名は三浦守。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みすみかん【三角寛】

1903~1971) 文筆家。大分県生まれ。本名、三浦守。日大中退。新聞記者を経て、「瀬降の天女」など山窩さんか小説を数多く発表。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三角寛
みすみかん
(1903―1971)

小説家。大分県に生まれる。本名三浦守。10歳で仏門に入る。日本大学法科卒業。朝日新聞社に入社、警視庁詰めとなった体験を生かし、犯罪実話ものを執筆するようになった。1932年(昭和7)から独自の取材研究により山窩(さんか)小説三部作『怪奇の山窩』『情炎の山窩』『純情の山窩』を発表し、山窩小説の第一人者になった。62年(昭和37)には1500枚の大作研究『山窩族の社会の研究』を発表、文学博士となった。第二次世界大戦後は作家活動は行わず、東京・池袋で映画館「人世坐(ざ)」の経営に専念、成功した。余技としての漬物の名手であったことでもよく知られる。[武蔵野次郎]
『『三角寛全集』35巻・別巻一(1966~71・母念寺出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の三角寛の言及

【山窩】より

…その生活の実体は十分につかめてはいないが,現在までによるべき民俗学的研究は,柳田国男《“イタカ”及び“サンカ”》(《人類学雑誌》第27巻第6号,第8号,第28巻第2号。《定本柳田国男集》第4巻所収,1967),後藤興善《又鬼と山窩》(1940),三角寛《サンカの社会》(1965)などであろう。その種族的系統については,渡来人説や落人(おちうど)説,中世の傀儡(くぐつ)の後裔説などがあり一定していない。…

※「三角寛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三角寛の関連キーワード武蔵野次郎三浦 寛子三角 寛文筆家

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三角寛の関連情報