コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三輪寿壮 みわ じゅそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三輪寿壮 みわ-じゅそう

1894-1956 大正-昭和時代の政治家,弁護士。
明治27年12月15日生まれ。大正9年弁護士となり,15年労働農民党の初代書記長,左右分裂で日本労農党書記長となる。昭和12年衆議院議員(社会大衆党)。戦中産業報国会などの役職についた。26年東京第二弁護士会会長,27年衆議院議員(当選4回,社会党)。昭和31年11月14日死去。61歳。福岡県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みわじゅそう【三輪寿壮】

1894‐1956(明治27‐昭和31)
日本社会党右派の指導者。福岡県生れ。東京帝国大学法学部卒業。在学中新人会に加入。卒業後弁護士として労働運動を援助。1921年社会思想社を結成。26年麻生久らと日本労農党の結成に参加し,初代書記長。37年社会大衆党から立候補して代議士に当選。のち大政翼賛会組織局連絡部長,大日本産業報国会常務理事となった。敗戦後公職追放。解除後日本社会党に入党。分裂後右派社会党に属し統一に尽力し,55年の統一大会では大会運営委員長をつとめた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三輪寿壮
みわじゅそう
(1894―1956)

政治家。明治27年12月15日福岡県生まれ。東京帝国大学法学部卒業。在学中、新人会に加入。卒業後、社会思想社を結成し、1926年(大正15)労働農民党、分裂後日本労農党でいずれも初代書記長。1937年(昭和12)総選挙で社会大衆党から立候補、当選した(東京5区)。その後、社大党・東方会の合同を策し、大政翼賛会、大日本産業報国会の指導部に入る。1950年(昭和25)公職追放解除後1952年の総選挙で右派社会党から代議士に復帰。両社統一工作を進めた。[荒川章二]
『伝記刊行会編・刊『三輪寿壮の生涯』(1966)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の三輪寿壮の言及

【全国大衆党】より

…中間派社会民主主義の無産政党。1930年7月,日本大衆党,全国民衆党,無産政党戦線統一全国協議会の合同により結成され,議長麻生久,書記長三輪寿壮,同年末の党員数約3万8000人,おもな支持団体は全国労働組合同盟,日本労働組合総連合であった。同党は,失業反対闘争,浜口雄幸内閣打倒などの運動とともに無産政党合同に全力を注ぎ,30年12月の党大会で社会民衆党,労農党に合同を提唱,社民党の拒否にあったが,翌年3月労農党および一部社民党員と無産党合同促進委員会を結成,7月に全国労農大衆党の成立をみた。…

【日本労農党】より

…左派の労農党,右派の社会民衆党と対比され中間派とよばれた。書記長三輪寿壮,のち麻生久。おもな役員は田所輝明,浅沼稲次郎,河野密,三宅正一らで,その人脈は戦後の日本社会党にまでつながっている。…

※「三輪寿壮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三輪寿壮の関連キーワード細野 三千雄全国大衆党昭和時代政治家

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android