三輪田 真佐子(読み)ミワダ マサコ

20世紀日本人名事典の解説

三輪田 真佐子
ミワダ マサコ

明治・大正期の女子教育家 三輪田高女創立者。



生年
天保14年1月1日(1843年)

没年
昭和2(1927)年5月3日

出生地
伊予国(愛媛県)

旧姓(旧名)
宇田

別名
幼名=梅野

主な受賞名〔年〕
勲五等宝冠章〔昭和2年〕

経歴
伊予国松山藩儒・宇田淵の子として生まれた。慶応2年岩倉具視の内殿侍講となり、明治2年三輪田元綱と結婚。12年元綱没後、13年に松山で明倫学舎を開き、17年より松山師範の教師も務める。20年上京し、神田に翠松学舎を開き、23年東京音楽学校講師、34年には日本女子大学校の設立に尽して教授となる。35年東京・麴町に三輪田女学校(のち三輪田高等女学校、三輪田学園)を創設。国家主義的良妻賢母を唱道した。著書に「女子教育論」「女子の本分」「新家庭訓」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

三輪田 真佐子 (みわた まさこ)

生年月日:1843年1月1日
明治時代;大正時代の女子教育者
1927年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android