コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三輪神道 みわしんとう

5件 の用語解説(三輪神道の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三輪神道
みわしんとう

真言密教と神道との習合である両部神道の一つ。三輪流神道ともいう。真言系に属する。三輪平等寺鏡円が三輪大明神より直伝したものとも長谷寺観音より慶円が受けたものとも称する。『三輪大明神縁起』を典拠として,大日如来とアマテラスオオミカミの習合を金剛界,胎蔵界の両曼荼羅の理によって説き,神祇灌頂を行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みわ‐しんとう〔‐シンタウ〕【三輪神道】

奈良県の大神(おおみわ)神社を中心に成立した神道の一派。鎌倉末期、三輪上人慶円が創唱したといわれ、室町時代に発達。両部神道思想から「日本書紀」神代巻を解釈し、天照大神・三輪大明神の同体説を唱え、民間にも広く普及した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みわしんとう【三輪神道】

中世神道の一派。中世には単に〈三輪流〉とよばれることが多いが,後世〈三輪流神道〉ともよばれた。慶円(?‐1223)に始まるとされる。慶円の伝記は《三輪上人行状記》(1255成立)や《元亨釈書》にみえるが,神道の一派を起こした点には言及されていない。しかしそれらには,慶円の験者あるいは聖(ひじり)としての性格がうかがえる。例えば,石清水(いわしみず)八幡宮参詣の途次,女房が葬送するのを助け,そのため神の賞翫にあずかったとか,室生参籠中に善女竜王即身成仏の印信を授けた,などの説話がそれである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みわしんとう【三輪神道】

神道流派の一。鎌倉末期に大和の大神おおみわ神社に属する三輪平等寺鏡円が三輪大明神から伝えられたとも、長谷寺観音から慶円が伝えられたともいい、室町時代に発達した。真言密教と陰陽五行説に依拠する両部神道。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三輪神道
みわしんとう

奈良県三輪山麓(さんろく)の大神(おおみわ)神社の縁起(えんぎ)を基として形成された神道の一派。真言(しんごん)宗系の両部(りょうぶ)神道の一つで三輪流神道ともいう。鎌倉初期に三輪上人(しょうにん)の称がある慶円が三輪明神から啓示を受けて伝えたという。大日如来(だいにちにょらい)を本地とし、その垂迹(すいじゃく)が天上では天照大神(あまてらすおおみかみ)、伊勢(いせ)では皇太神、三輪では三輪大明神であり、この三神は三身一体であるとする。このように、天照大神と比肩のうえに三輪大明神こそが諸社諸神中もっとも優れた神であることを説く。密教の秘伝奥義も多く加え、その功徳も詳細に説かれ、民間にも広く普及し、三輪信仰の盛名を馳(は)せた。神仏習合思想の一典型の趣(おもむき)も示している。資料としては『三輪大明神縁起』(『続群書類従神祇(じんぎ)部』所収)がもっとも端的、ほかに『三輪叢書(そうしょ)』(五巻)、『大神神社史料』(10巻)がもっとも新しく詳細である。[小笠原春夫]
『大神神社史料編集委員会編『三輪流神道の研究』(1984・名著出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三輪神道の言及

【両部神道】より

…両部神道の理論書として最も古いものは1318年(文保2)成立の《三輪大明神縁起》で,西大寺の叡尊の著といわれている。叡尊は大御輪寺を中興して1285年(弘安8)に三輪寺と改めたが,これ以前から三輪流神祇灌頂が行われており,三輪神道が両部神道の中で最も古いとされている。しかし1283年成立の《沙石集》によれば,〈内宮外宮ハ両部ノ大日トコソ習伝ヘテ侍ベレ〉とか,〈内宮ハ胎蔵ノ大日〉〈外宮ハ金剛界ノ大日〉と説いているから,伊勢神道と両部神道の結合が比較的早かったことを物語っている。…

※「三輪神道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三輪神道の関連キーワード俗神道土御門神道三部神道橘神道弓矢神道横山神道神道の碑中世神仏説話《中世に生きる人々》三輪流神道

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone