コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三遊亭 円楽(5代目) サンユウテイ エンラク

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

三遊亭 円楽(5代目)
サンユウテイ エンラク


職業
落語家

本名
吉河 寛海(ヨシカワ ヒロウミ)

生年月日
昭和8年 1月3日

出生地
東京都 台東区浅草

学歴
杉戸農中退

経歴
生家は東京・浅草の易行院助六寺で、9人きょうだいの四男。昭和30年6代目三遊亭円生に入門して全生。33年二ツ目となり、37年29歳で5代目円楽を襲名して真打ちに昇進。2代目古今亭志ん朝、5代目春風亭柳朝(没後は8代目橘家円蔵)、立川談志と“四天王”と呼ばれ、次代の落語界を担う逸材と目された。42年にスタートしたテレビ演芸番組「笑点」の大喜利コーナーに初代メンバーとして出演、端整な顔立ちから“星の王子様”“湯上がりの男”を自称し、人気を博した。43年にはドラマ「笑ってよいしょ」に主演、博識でもあり、バラエティ番組などにも積極的に出演して噺家タレントブームを牽引したが、52年師匠の言葉に従い落語に専念するため、「笑点」を含むレギュラー番組全てを降板。53年師匠が真打ち昇進制度を巡って落語協会執行部と対立し協会脱会を表明すると、総領弟子として“協会に残って弟弟子の面倒を見てくれ”という師匠に“師匠の芸が好きで噺家になったのだから師匠について行きます”と答え、落語三遊協会結成に参加。59年師匠急逝により弟弟子が落語協会に復帰する中、55年自身は直弟子と大日本落語すみれ会を結成し協会へは戻らず、独自の道をとった。60年落語円楽党、平成2年円楽一門会と改称。寄席には出演できないため、昭和60年私財を投じて寄席ビル・若竹を建設したが、平成元年には閉鎖。この間、昭和57年「笑点」大喜利コーナーの司会者を務めていた三波伸介の急逝により、58年4代目司会者として「笑点」に復帰。桂歌丸や弟子の三遊亭楽太郎に馬面を揶揄されるやりとりや、“山田君、例のものを皆さんに配ってください”“山田君、座布団全部持っていきなさい”“と、いったところで「笑点」はお開き、また来週のお楽しみ、ありがとうございました”といったおなじみの台詞で“日曜日夕方の顔”として定着。テレビと落語を結びつけた功労者で、最も知名度のある落語家の一人となった。平成17年落語協会からの脱会騒動以来、27年ぶりに寄席に登場したが、同年脳梗塞に倒れ、18年4月には23年間務めてきた「笑点」大喜利コーナーの司会を退く。19年2月国立名人会で十八番の「芝浜」を演じたが、高座の出来に満足できず、引退を表明。同年3月日本テレビ系「いつみても波瀾万丈」を最後にテレビ出演も引退した。晩年は胃がんや肺がんも患い、21年76歳で亡くなった。「中村仲蔵」「浜野矩随」など、繊細な描写の人情話や教訓話を得意とした。弟子に三遊亭鳳楽や、「笑点」大喜利メンバーである楽太郎、三遊亭好楽らがいる。著書に「円楽、親父を叱る」などがある。戦国大名・毛利家の家臣で、鳥取城防衛で有名な吉川経家の末裔を称した。

受賞
旭日小綬章〔平成19年〕 芸術祭賞優秀賞〔昭和52年〕「藪入り」,放送演芸大賞〔昭和54年〕,特別功労賞〔昭和60年〕,芸術祭賞〔昭和63年〕,浅草芸能大賞〔平成18年〕

没年月日
平成21年 10月29日 (2009年)

伝記
戦後落語史秘宝耳江戸前の男―春風亭柳朝一代記昭和・平成タレント太平記―私をトリコにした男たち地球のでこぼこ〈2〉とうようズ・ブルース町づくり市民夢日記―下町トレンドが日本をかえるだろう!阿佐田哲也の怪しい交遊録落語長屋の知恵雨彦のにんげん四季報 吉川 潮 著ナンシー関 著吉川 潮 著林家 木久蔵 著中村 とうよう 著日野 仁彦 著阿佐田 哲也 著矢野 誠一 著青木 雨彦 著(発行元 新潮社朝日新聞社新潮社学習研究社話の特集徳間書店実業之日本社青蛙房講談社 ’09’02’99’91’89’88’88’86’86発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

三遊亭 円楽(5代目) (さんゆうてい えんらく)

生年月日:1933年1月3日
昭和時代;平成時代の落語家

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

三遊亭 円楽(5代目)の関連キーワード古今亭 志ん朝(3代目)生年月日

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android