コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三間[町] みま

百科事典マイペディアの解説

三間[町]【みま】

愛媛県南部,北宇和郡の旧町。宇和島市の北東に接し,予土線が通じる。主集落の宮野下吉田藩が計画的に作った在郷町。良質の三間米を産し,タマネギ,イチゴなども産する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みま【三間[町]】

愛媛県南西部,北宇和郡の町。人口6812(1995)。北西の歯長峠に発して東流する三間川の流域にあり,周囲を山に囲まれる。三間川沿いの三間盆地は肥沃で,気候も温暖多雨である。盆地中央の宮野下は,大三島より勧請されて一帯の惣鎮守として信仰された三島神社の鳥居前にあり,江戸時代には吉田藩領の在郷町として栄えた。農業を基幹産業とし,米は〈三間米〉として知られ,ほかに酪農養豚養鶏,タマネギ栽培などが行われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android