コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三階教 さんがいきょう San-jie-jiao

5件 の用語解説(三階教の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三階教
さんがいきょう
San-jie-jiao

中国の信行 (540~594) の唱えた宗教。三階宗,三階仏法,普法宗ともいう。隋,唐,宋にわたり約 400年間行われた。仏法に三階 (3種の段階) があるとし,仏法の衰えた末法のときには第三階の法である普真普正法 (仏,法,僧の三宝に帰依し,すべての悪から離れ,すべての善を修する法) を修すべきであるとする一派で,『地蔵十輪経』の説によっているといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三階教【さんがいきょう】

中国,隋の信行〔540-594〕が開いた仏教の一派。隋〜宋間に流行した新宗教運動でもある。三階宗,三階仏法,普法宗とも。一切の仏法に三階を立て,第一階を一乗,第二階を三乗,第三階を普法とし,末法の世を救うのは三階に依るべしと説いた。
→関連項目信行

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さんがいきょう【三階教 Sān jiē jiào】

中国,北斉から隋にかけて活躍した僧信行(しんぎよう)が開いた新興仏教の一派。三階宗,三階法あるいは普法宗(ふほうしゆう)ともよばれた。三階とは正法,像法,末法の3段階であり,現在が第3段階の末法時代に属することをいう。この汚濁にみちた悪世では,われわれ衆生は愛憎の偏見からぬけられない破戒邪見の,救われがたい鈍根しかもたず,僧侶自身も同じく愚劣な羊のごとき存在(〈鈍根瘂羊僧(どんこんあようそう)〉とよぶ)でしかなく,そのことを僧も衆生も徹底的に自覚すべきだと主張する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんがいきょう【三階教】

隋の信行が創唱した仏教の一宗派。仏教を一乗・三乗・普法の三階に分け、時を正・像・末、人を最上利根・一般利根・鈍根に区別。現在は第三階の末法の時であり、人は鈍根であるから、普法を信ぜよと説いた。信行の死後禁止された。三階宗。普法宗。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三階教
さんがいきょう

中国隋(ずい)~唐代に流行した仏教の一派。三階宗、普法(ふほう)宗ともいう。開祖は信行(しんぎょう)。『法華経(ほけきょう)』『大方広十輪経(だいほうこうじゅうりんきょう)』『涅槃経(ねはんぎょう)』『華厳経(けごんきょう)』などの諸教説の独自の把握に基づいて形成されたもので、末法・末世の自覚のもとに、仏の教えに3段階を区別し、第三階の「普仏法(ふぶっぽう)」こそ末世の邪見の人を救うものであると説く。その「普仏法」の中心的教義は、一切の衆生(しゅじょう)はもともと仏であり、かつまた未来にはかならず仏となると信じてこれを敬う「普敬(ふきょう)」と、内に省みて自分は邪見と悪行を重ねるばかりの悪人であると認める「認悪(にんあく)」とであり、これらの実践によって往生(おうじょう)ないし成仏(じょうぶつ)が実現されるとする。このような立場から、貧しい者や弱い者への経済的援助も重視され、無尽蔵施(むじんぞうせ)(一種の金融事業)がかなり大規模に行われた。しかし、その異端的な教義とこうした経済活動のために、教団は信行没(594)後まもなくから断続的に弾圧され、宋(そう)代の初めころ滅亡した。[木村清孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三階教の関連キーワード僧信海上田耕甫夏衍信行裴矩北周北斉股に掛ける和算家西行花伝

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三階教の関連情報