コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上那賀 かみなか

2件 の用語解説(上那賀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上那賀
かみなか

徳島県中南部,那賀町南部の旧町域。那賀川中流域,四国山地の山間にある。 1956年宮浜村,平谷 (ひらだに) 村が合体して上那賀村となり,1957年上木頭 (かみきとう) 村の一部を編入,同時に町制。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上那賀
かみなか

徳島県中南部、那賀郡にあった旧町名(上那賀町(ちょう))。現在は那賀町の中南部を占める地域。旧上那賀町は、1957年(昭和32)町制施行。2005年(平成17)鷲敷(わじき)、相生(あいおい)の2町および木沢(きさわ)、木頭(きとう)の2村と合併して那賀町となった。国道193号と195号の分岐点にあたる。那賀川中流域にあり、木頭林業地帯の一部として古くから杉の造林が行われる。ユズを特産し、アマゴの養殖も盛ん。電源開発地帯で、1956年多目的ダムの長安口(ながやすぐち)ダムが完成した。ダム付近に資料館(ビーバー館)がある。1892年(明治25)春森地区に起きた台風による山崩れは、死者63人、家屋流出15戸の大被害をもたらし「春森の潰(つ)え」とよばれる。最近では2004年に台風が連続して襲来し、大きな被害を受けている。[高木秀樹]
『『上那賀町誌』(1982・上那賀町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上那賀の関連キーワード徳島県那賀郡那賀町阿津江上那賀〈町〉徳島県那賀郡那賀町木頭徳島県那賀郡那賀町沢谷徳島県那賀郡徳島県那賀郡那賀町長安徳島県那賀郡那賀町中山徳島県那賀郡那賀町鉢徳島県那賀郡那賀町横谷徳島県那賀郡那賀町吉野

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上那賀の関連情報