木頭(読み)きとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木頭
きとう

徳島県中南部,那賀町西部の旧村域。那賀川最上流域にある。 1957年木村と上木頭 (かみきとう) 村の一部が合体し木頭村が発足。 2005年相生町,上那賀町,鷲敷町,木沢村と合体し那賀町となる。スギ美林があり,木頭林業地帯として知られ,木材は国道 195号線を通って運搬される。スギの高級割箸を産し,ユズは特産。村域は中部山渓県立自然公園剣山国定公園に属する。剣山スーパー林道沿いに高の瀬峡の秘境がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

木頭【きとう】

徳島県中南部,那賀郡上那賀町西部と木頭村(2町村とも現・那賀町)の地域。古くからの林業地帯で,藩有林として保護され明治以後民有林となったの美林が多い。かつては那賀川を利用して搬出したが,那賀川総合開発によるダム建設後陸上輸送している。
→関連項目上那賀[町]那賀川

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きとう【木頭】

徳島県南部,那賀郡木頭村,木沢村,上那賀町の3ヵ町村にわたる地域名。那賀川上流域を占め,いわゆる木頭林業地帯をなす。この地方は古くから杉の美林で知られ,近世には藩有林であったが,明治初期に民有林となり,明治中期から造林が本格的に進められた。現在は5万haの森林で杉の人工造林が進められ,人工林は全面積の2/3を占めている。この流域は剣山の南斜面に当たり,年降水量3000mm,平均気温14℃で杉の生育に適している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木頭の関連情報