コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠州七窯 エンシュウナナガマ

5件 の用語解説(遠州七窯の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えんしゅう‐なながま〔ヱンシウ‐〕【遠州七窯】

江戸前期、小堀遠州の好みの茶器を焼いた七つの窯。遠江(とおとうみ)の志戸呂(しとろ)焼、近江(おうみ)の膳所(ぜぜ)焼、山城宇治の朝日焼、大和の赤膚(あかはだ)焼、摂津の古曽部焼、筑前の高取焼、豊前(ぶぜん)の上野(あがの)焼

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

遠州七窯【えんしゅうなながま】

小堀遠州が指導し,好みの茶陶を焼かせたとされる窯。1854年刊の《陶器考》では志戸呂(しとろ)(静岡県),膳所(ぜぜ)(滋賀県),朝日(京都府),赤膚(あかはだ)(奈良県),古曾部(こそべ)(大阪府),上野(あがの)(福岡県),高取(福岡県)の7窯をあげているが,朝日,赤膚,古曾部は遠州の活動期以降の窯である。
→関連項目赤池[町]赤膚焼

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えんしゅうなながま【遠州七窯】

江戸初期の大名茶人小堀遠州が指導し,またその好みの茶具を焼いたとされる七つの窯。遠州七窯が説かれるようになるのは江戸時代後期かららしく,1854年(安政1)刊の《陶器考》では,瀬戸を除いた国焼に限り,志戸呂,上野(あがの),朝日,膳所(ぜぜ),高取,古曾部,赤膚の諸窯をあげている。しかし,朝日,古曾部,赤膚は遠州の活動期以後の窯である。他方,松平不昧が著した《瀬戸陶器濫觴(らんしよう)》では,遠州時代の国焼として高取,薩摩,肥後,丹波,膳所,唐津,備前の7窯をあげており,これらの窯は遠州時代に活動していた窯であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

えんしゅうなながま【遠州七窯】

小堀遠州の好みの茶器を作った窯。遠江志戸呂しどろ・近江膳所ぜぜ・豊前上野あがの・筑前高取・山城朝日・摂津古曽部こそべ・大和赤膚あかはだの七窯をいう。江戸末期につけられた呼称。異説もある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遠州七窯
えんしゅうなながま

江戸初頭を代表する大名茶人であった小堀遠州が指導したと伝える七つの窯。いずれも国焼で、静岡の志戸呂(しどろ)焼、滋賀の膳所(ぜぜ)焼、京都の朝日焼、大坂の古曽部(こそべ)焼、奈良の赤膚(あかはだ)焼、福岡の上野(あがの)焼、高取焼の七つの窯をさすとしたのは幕末1854年(安政1)の『陶器考』である。出雲(いずも)藩主松平不昧(ふまい)が1811年(文化8)に著した『瀬戸陶器濫觴(らんしょう)』には、高取、膳所以外に、鹿児島の薩摩(さつま)焼、熊本の肥後(ひご)焼、兵庫の丹波(たんば)焼、佐賀の唐津(からつ)焼、岡山の備前(ぴぜん)焼があげられ、一致していない。遠州七窯の概念は江戸後期におのずと決まったものらしく、一貫する根拠もない。おそらく「きれいさび」で象徴される美意識を盛り込んだ遠州好みの瀟洒(しょうしゃ)な作風で選択したのかもしれない。ただ、膳所焼、高取焼と遠州との交渉を示す文献史料があり、作風にもかかわりをもったことは十分に考えられる。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

遠州七窯の関連情報