下足(読み)ゲソク

世界大百科事典 第2版の解説

げそく【下足】

客などが座敷へあがるためにぬいだ履物を下という。江戸時代から芝居小屋,料亭,寄席,遊郭,集会所,催物場などが,下足番を置いて客の履物をあずかって下足札をわたした。旅館も客の履物をあずかるが,昔の旅客はわらじ履きだったので下足札はわたさなかった。それゆえ旅館では下足とはいわない。明治末からは東京にデパートが開店したが,初期には店内に緋もうせんやじゅうたんなどを敷きつめて,客の履物をあずかってスリッパあるいは上草履に履き替えさせて下足札をわたしたこともある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

げそく【下足】

劇場・寄席・飲食店などで、客の脱いだはきもの。げそ。
「下足番」の略。
足を下におろすこと。 「挙足-の舞の手を尽し/謡曲・巻絹」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

げ‐そく【下足】

〘名〙
① 足をさげること。足を、下におろすこと。
※法華義疏(7C前)一「夫聖人所為、非因縁、必因遣可利故然也。即所謂下足挙足、皆従道場来也」
② ぬいだ、はきもの
※俳諧師(1908)〈高浜虚子〉五八「下足(ゲソク)を受取り乍らも恍惚として心は小光の辺に飛ぶといったやうな心持で」
※読売新聞‐明治二六年(1893)四月二三日「いづれも土地の旧習として茶汲及び下足等の雇人は無料なる村内の者を用ゐ」
滑稽本・七偏人(1857‐63)四「かちかち山の土船で見物して居て、下足を八文とられたとよ」

さげ‐あし【下足】

〘名〙 取引関係で、売買、取引する物件の値が下落の状勢にあること。さげ。〔現代大辞典(1922)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下足の関連情報