下足(読み)ゲソク

世界大百科事典 第2版の解説

げそく【下足】

客などが座敷へあがるためにぬいだ履物を下という。江戸時代から芝居小屋,料亭,寄席,遊郭,集会所,催物場などが,下足番を置いて客の履物をあずかって下足札をわたした。旅館も客の履物をあずかるが,昔の旅客はわらじ履きだったので下足札はわたさなかった。それゆえ旅館では下足とはいわない。明治末からは東京にデパートが開店したが,初期には店内に緋もうせんやじゅうたんなどを敷きつめて,客の履物をあずかってスリッパあるいは上草履に履き替えさせて下足札をわたしたこともある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

げそく【下足】

劇場・寄席・飲食店などで、客の脱いだはきもの。げそ。
「下足番」の略。
足を下におろすこと。 「挙足-の舞の手を尽し/謡曲・巻絹」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

下足の関連情報