コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤不動 あかふどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤不動
あかふどう

和歌山県高野山明王院蔵の画像。岩上に坐す不動明王と二童子を描く。不動の身色や着衣を赤色で彩るのをはじめ,不動の惣髪や額の三環の飾り,坐法,二童子の配置や表情などが,経軌にとらわれない特異な像容構成を示す。黄不動青不動とともに三不動として有名。円珍の感得像と伝えられるが,後世の補彩が多いこともあって制作年代についてはまだ定説をみない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あか‐ふどう【赤不動】

高野山明王院蔵の不動明王画像の通称。平安後期から鎌倉前期の作。全身が赤色で彩色されているのでこの名がある。智証大師(円珍)が感得したものを図にしたという伝説がある。青不動黄不動とともに三不動の一。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

赤不動【あかふどう】

不動明王像の一つ。身体と衣が紅でいろどられているのでこの俗称がある。円珍が比叡山横川(よかわ)の葛河滝で感得した姿と伝える。脇侍の2童子を画面の右側に集めた点が一般の不動画と異なる。
→関連項目高野山

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

あかふどう【赤不動】

高野山明王院所蔵の不動明王画像の通称。肉身・着衣とも赤色に描かれている。円珍が比叡山横川よかわで感得した姿を描かせたと伝えるが、制作年代は未詳。青不動・黄不動とともに三不動の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤不動
あかふどう

和歌山県高野(こうや)町大字高野山の明王院に伝わる不動明王二童子像の通称。絹地に描かれた彩色画で、不動明王の全身が鮮やかな真紅の色で表されているのが特徴で、この名称がある。不動は右手に倶利迦羅(くりから)剣を、左手に羂索(けんさく)を持し、火炎を背に岩上に半跏(はんか)に座し、片側に寄せて矜羯羅(こんがら)、制(せいたか)の二童子を描く。智証(ちしょう)大師(円珍)が比叡(ひえい)山横川(よかわ)に参籠(さんろう)したとき感得したものを図にしたという伝説がある。森厳霊妙で、わが国仏画を代表する名品の一つ。制作年代は藤原期とする説が有力で、重要文化財に指定されている。[永井信一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の赤不動の言及

【不動明王】より

…さらに単独で盛んに信仰され,変化に富んだ姿勢に表現された座像や立像の優れた作品が数多く伝えられている。その中でも黄色の肉身によって〈黄不動〉と呼ばれる滋賀園城(おんじよう)寺の立像,赤色の肉身をもち〈赤不動〉と呼ばれる和歌山高野山明王院の半跏(はんか)像,青色の肉身に表され〈青不動〉と親しまれる京都青蓮(しようれん)院の座像の3幅が特に著名である。〈赤不動〉と〈青不動〉には二童子が描かれるが,不動明王の眷属としては八大童子が造像されることが多い。…

※「赤不動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

赤不動の関連キーワード弘仁貞観文化園城寺未詳肉身

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤不動の関連情報