コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宅磨栄賀 たくまえいが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宅磨栄賀
たくまえいが

室町時代初期の宅磨派の絵仏師。新様の宋画様式の摂取に積極的であった宅磨派のなかで,次第に和漢融合し定型的な作風を示す。東福寺性海霊見が応永2 (1395) 年に著賛した『柿本人麻呂像』 (常盤山文庫) が時代の明徴な唯一の作品。ほかに『不動明王二童子像』 (静嘉堂文庫) ,『十六羅漢像』 (頂妙寺) などが現存する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

宅磨栄賀【たくまえいが】

鎌倉末期の宅磨派の画家。生没年,経歴不詳。遺作に,藤田美術館蔵《十六羅漢図》16幅,静嘉堂文庫美術館蔵《不動明王二童子像》のほか,《柿本人麻呂像》などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宅磨栄賀 たくま-えいが

?-? 南北朝時代の画家。
宅磨長賀の子といわれ,宅磨派最後の絵仏師とされる。作品に応永2年(1395)に性海霊見が賛(さん)をかいた「柿本人麻呂像」(常盤山文庫蔵),「十六羅漢像」(藤田美術館蔵)などがある。俗名は有信。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たくまえいが【宅磨栄賀】

14世紀中ごろ,鎌倉末期から室町前期に活躍し,宅磨派の最後をかざった絵仏師。生没年不詳。醍醐寺などに遺品をのこす長賀の子とも伝えるが,その画業等はあまり詳らかではない。応永2年(1395)東福寺性海霊見の賛の《柿本人麻呂像》(常盤山文庫)に〈栄賀〉の印があり,また《十六羅漢像》(藤田美術館),《山越阿弥陀図》(出光美術館)には〈託磨栄賀〉の落款があるほか,《釈迦三尊十六羅漢》(頂妙寺)などにその画業の一端がのこる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

宅磨栄賀の関連キーワード南北朝時代宅磨長賀

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android