コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青不動 あおふどう

5件 の用語解説(青不動の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青不動
あおふどう

不動の身色により「青不動」として一般に親しまれている京都青蓮院蔵の国宝『不動明王二童子像』。絹本着色。 11世紀制作。中尊不動は左眼を閉じ,牙を出して堅く口を結び,倶利迦羅竜のまといつく剣を右手に持ち,怪鳥をかたどった火炎を背後に大磐石上に坐し,左右に矜羯羅 (こんがら) ,制た迦 (せいたか) の二童子を侍立させる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あお‐ふどう〔あを‐〕【青不動】

京都青蓮院(しょうれんいん)蔵の不動明王画像の通称。平安中期の作。全身が青色で彩色されているのでこの名がある。赤不動黄不動とともに三不動の一。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

青不動【あおふどう】

身体が群青(ぐんじょう)で描かれているので,赤不動黄不動に対してこの俗称がある。不動明王図像の一般的形式による現存最古の作例。迦楼羅(かるら)の形の炎を朱・丹・墨で描いた光炎が特徴。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

あおふどう【青不動】

京都、青蓮院蔵の不動明王画像の通称。全身群青色の不動明王が火焰かえんを背に岩に座し、両脇に童子が侍立する図。平安中期の作。赤不動・黄不動とともに三不動の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青不動
あおふどう

京都市東山区粟田口(あわたぐち)三条坊町にある青蓮院(しょうれんいん)所蔵の不動明王二童子像の通称。国宝。絹地に着色で描かれた不動の身を青黒色に表しているところからこの称がある。青色あるいは青黒色は調伏(ちょうぶく)の意味をもっているといわれる。火生三昧(かじょうざんまい)に入る忿怒(ふんぬ)相の不動の背後に、燃え盛る炎を朱、丹(に)、黒をもって精妙に表し、茶褐色の頭髪は繊細な金泥の線をもって毛筋を入れている。不動の両脇(わき)にその使者である矜羯羅(こんがら)、制(せいたか)の二童子を配し、三角形の安定した構図をとる。洗練された鮮やかな彩色と、伸びのある描線は、藤原期の仏画の特色を示しており、この期に活躍した絵仏師円心(円深、円信、円尋とも書く)の筆法に似ているところから、作者を円心に比定する説がある。円心の真筆は現存しないが、醍醐(だいご)寺の不動明王図像や『別尊雑記』に転写したものが伝えられている。これを円心の作とみるかどうかは別にしても、高野山の赤不動、園城寺(おんじょうじ)の黄不動とともに、不動明王画像の名品としてばかりでなく、仏画のなかの名作として高く評価されている。[永井信一]
『亀田孜著『青不動画』(『日本仏教美術史叙説』1970・学芸書林・所収)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の青不動の言及

【青蓮院】より

…堂舎も朝幕の援助で整備されたが,1893年(明治26)の火災で本堂以下ほとんどの堂宇を焼失,現在の宸殿,白書院,小御所,対面所,玄関などはその後の再建である。多くの国宝,重要文化財のなかで,とくに《絹本著色不動明王二童子像》(国宝)は世に青不動といわれ,三井寺の黄不動,高野山明王院の赤不動とともに日本三不動の一つとされる密教美術の白眉。また宸翰や古文書,それに奈良時代から室町時代に至る台密を中心とした聖教類を多く伝蔵している。…

【不動明王】より

…さらに単独で盛んに信仰され,変化に富んだ姿勢に表現された座像や立像の優れた作品が数多く伝えられている。その中でも黄色の肉身によって〈黄不動〉と呼ばれる滋賀園城(おんじよう)寺の立像,赤色の肉身をもち〈赤不動〉と呼ばれる和歌山高野山明王院の半跏(はんか)像,青色の肉身に表され〈青不動〉と親しまれる京都青蓮(しようれん)院の座像の3幅が特に著名である。〈赤不動〉と〈青不動〉には二童子が描かれるが,不動明王の眷属としては八大童子が造像されることが多い。…

※「青不動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

青不動の関連キーワード赤不動黄不動三不動不動初不動不動穀不動の金縛り不動法不動産担保融資買取り保証

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

青不動の関連情報