寄生地主制(読み)きせいじぬしせい

百科事典マイペディア「寄生地主制」の解説

寄生地主制【きせいじぬしせい】

自らは農業を営まず小作料収入を生活の基礎とする寄生地主(大部分は居住地外に貸付地をもつ不在地主)が形成され,小作人による生産が基本となった農業経営形態。江戸時代に発生し地租改正で制度的に承認され,1900年代に確立,小作地率は45%に達した。昭和初期の農村恐慌以後,動揺を示したが,戦後の農地改革で解体されるまで日本の農村を支配。封建制から資本制へ移行する過渡期的な役割を担いつつ,低賃金を基礎として日本資本主義の構造基底部として不可分の関係にあった。
→関連項目小作制度在郷商人地主日本農業

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

旺文社日本史事典 三訂版「寄生地主制」の解説

寄生地主制
きせいじぬしせい

地主が所有地の大部分を多くの小作農民に貸し付け,高率な小作料を徴収する農業経営形態
江戸中期ころに始まり,地租改正で公認されて以来全国的に形成され,1908年には小作地率45%に達した。第二次世界大戦後の農地改革まで,日本農業の基本的な生産関係をなして,農村における商品生産の発展を阻害し,地主・小作人の間に半封建的な身分関係を残した。また地主は米価維持の要求を実現するために政治に対する発言権を強めるなど,日本資本主義や国家権力性格に大きな影響を与えた。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「寄生地主制」の解説

寄生地主制
きせいじぬしせい

封建的大土地領有の枠内に生じ,完全な資本制的地主になりきらない,日本特有の半封建的地主制をいう。江戸時代中期以後,名子 (なご) ,下人 (げにん) の労働に依存する本百姓経営が分解するにつれて,零細な土地を多くの小作人に貸して耕作させ,高額の小作料を取立てる寄生地主が生じた。彼らは商業高利貸を営むことが多かった。明治地租改正により寄生地主は温存,展開され,1947年の農地改革まで存続した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「寄生地主制」の解説

きせいじぬしせい【寄生地主制】

一般に寄生地主とは,小作農民に土地を貸し付けて地代(小作料)をとることを主としている地主経営の総称であって,農民の賦役労働に立脚する再版農奴主的地主経営に対比して用いられるものである。この寄生地主的経営,地主―小作関係が,農業における支配的・基本的な経済制度として,農業・農民の動向を左右する体制になっているとき,それを寄生地主制という。寄生地主制は,長らく日本における特徴的な経済制度と考えられてきたが,第2次大戦後の研究のなかで,イギリスフランス等についても,過渡的なものとしてその存在が実証されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android