コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寄生地主制 きせいじぬしせい

5件 の用語解説(寄生地主制の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寄生地主制
きせいじぬしせい

封建的大土地領有の枠内に生じ,完全な資本制的地主になりきらない,日本特有の半封建的地主制をいう。江戸時代中期以後,名子 (なご) ,下人 (げにん) の労働に依存する本百姓経営が分解するにつれて,零細な土地を多くの小作人に貸して耕作させ,高額の小作料を取立てる寄生地主が生じた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

寄生地主制【きせいじぬしせい】

自らは農業を営まず小作料収入を生活の基礎とする寄生地主(大部分は居住地外に貸付地をもつ不在地主)が形成され,小作人による生産が基本となった農業経営形態。江戸時代に発生し地租改正で制度的に承認され,1900年代に確立,小作地率は45%に達した。
→関連項目小作制度在郷商人地主日本農業

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きせいじぬしせい【寄生地主制】

一般に寄生地主とは,小作農民に土地を貸し付けて地代(小作料)をとることを主としている地主経営の総称であって,農民の賦役労働に立脚する再版農奴主的地主経営に対比して用いられるものである。この寄生地主的経営,地主―小作関係が,農業における支配的・基本的な経済制度として,農業・農民の動向を左右する体制になっているとき,それを寄生地主制という。寄生地主制は,長らく日本における特徴的な経済制度と考えられてきたが,第2次大戦後の研究のなかで,イギリスフランス等についても,過渡的なものとしてその存在が実証されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きせいじぬしせい【寄生地主制】

江戸時代以降、特に明治維新の地租改正以後、地主への土地集積が進行したために生じた地主・小作関係を基礎とする農業経営の形態。地主自らは農業に従事せず、所有地の大部分を小作人に貸し出し、小作料を徴収して生活の基盤とした。戦後の農地改革で解体。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寄生地主制
きせいじぬしせい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寄生地主制の関連キーワード小作権農民運動耕作権自小作地主折半小作又小作寄生地主地貸し夫食貸し

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

寄生地主制の関連情報