不育症(読み)フイクショウ

  • ふいくしょう〔シヤウ〕

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

妊娠はしても流産や死産を繰り返し、生きた子が生まれない状態をいう。厚生労働省によると、一般的には2回以上連続して流産や死産をした場合に診断される。患者は国内に推計約140万人。女優の間下このみさんも不育症の原因の一つ「抗リン脂質抗体症候群」と診断され、治療を受けて出産した。

(2012-02-19 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

妊娠しても、習慣性流産(連続3回以上の自然流産の繰り返し)や早産、子宮内胎児死亡などにより生児が得られない病態。妊娠は認められるため、不妊症とは異なる。生児を分娩(ぶんべん)することがまったくできない状態を原発性不育症、1人目を正常に分娩しても、2人目以降、続けて流産を繰り返す状態を続発性不育症という。習慣性流産や反復流産(2回連続の自然流産)とほぼ同義として使われることも多いが、不育症はより広い意味で用いられる。
 原因としては、両親のいずれかまたは両方の染色体異常、抗リン脂質抗体陽性などの免疫学的異常、子宮形態異常、子宮内膜症、内分泌異常、糖尿病、性感染症などがあげられる。原因不明の場合も多いが、スクリーニング検査により原因を特定して治療することで、生児が得られるケースも増えている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の不育症の言及

【不妊症】より

…結婚後の避妊期間を除いて,2年以上経過しても生児を得られない状態をいう。全夫婦の約10%にみられるといわれ,1度も妊娠していないものを〈原発性不妊〉,すでに子どもはいるが,その後妊娠しないものを〈続発性不妊〉といい,妊娠はするが生児を得られない場合を〈不育症infertility〉と呼んで区別している。不妊の原因は種々たくさんあり,男性,女性のいずれにあるかで〈男性不妊〉と〈女性不妊〉に大別され,その比率は2対3といわれている。…

※「不育症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不育症の関連情報