コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

習慣流産 しゅうかんりゅうざん habitual premature delivery

4件 の用語解説(習慣流産の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

習慣流産
しゅうかんりゅうざん
habitual premature delivery

自然流産を連続3回以上繰返すことをいう。自然流産の原因の多くは受精卵の異常によるものであるが,習慣流産の原因には,子宮の異常,黄体機能不全染色体異常,母体合併症,免疫学的異常などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しゅうかん‐りゅうざん〔シフクワンリウザン〕【習慣流産】

3回以上連続して流産すること。原因はさまざま。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

習慣流産【しゅうかんりゅうざん】

自然流産が少なくとも3回,妊娠中のほぼ同時期に反復する場合をいい,習慣性になる。原因は子宮の発育不全や奇形,内分泌機能障害,頸管(けいかん)無力症,血液型不適合,栄養異常,感染,精神的因子などが考えられるが,不明のものが多い。
→関連項目人工流産

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

家庭医学館の解説

しゅうかんりゅうざん【習慣流産 Habitual Abortion】

[どんな病気か]
 流産することは、確率的にはめずらしいことではありません。
 しかし、二度三度くり返すとなると、なにか流産をおこす原因が存在し、それを取り除かないと、またつぎに妊娠したときも流産すると考えるのが妥当です。
 続けて3回以上自然流産をくり返す場合を習慣流産といい、2回続けて自然流産した場合に反復流産(はんぷくりゅうざん)といいます。
 従来は、3回続けて流産した場合に、習慣流産として検査や治療を行なっていましたが、最近では、結婚、妊娠の高齢化にともない、2回続けて流産した場合にも、習慣流産に準じた検査、治療をする傾向にあります。
[検査と診断]
 流産の原因を調べます。習慣流産の原因は多岐にわたり、すべての検査を一度に行なうのは不可能です。
 まず、よくありそうな原因疾患の有無を調べることから始まります。
 原因は母体側だけでなく、胎児(たいじ)側に問題があることもありますが、治療は不可能なことが多いものです。
 母体側に問題がある場合には、おもにつぎのような原因があげられます。
①子宮の形態異常や、子宮腫瘍(しゅよう)、頸管無力症(けいかんむりょくしょう)(「頸管無力症」)などの子宮の病気。
ホルモンのはたらきの異常。
③感染症。
④糖尿病などの代謝異常
⑤心血管系や腎機能障害(じんきのうしょうがい)などの婦人科以外の病気によるもの。
 母児ともに関連したものでは、血液型不適合妊娠(「血液型不適合妊娠」)や、免疫異常などがあります。
[治療]
 原因となる病気を治療します。子宮に病気があるときは、子宮機能を改善するための手術をすることもあります。
 ホルモン異常は、卵巣(らんそう)だけでなく、甲状腺(こうじょうせん)など、ほかの内分泌臓器(ないぶんぴつぞうき)に障害がある場合も含まれます。
 妊娠の維持には、免疫系のはたらきが重要です。免疫的な考え方をすると、母体にとって胎児は、自分以外のものとして認識され排除されるはずです。
 しかし、ふつうは免疫的な維持機構がうまくはたらいて、妊娠を継続することができるのです。
 免疫的な妊娠維持機構に問題があり、自然流産をくり返すときは、免疫療法が効果がある場合もあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

世界大百科事典内の習慣流産の言及

【流産】より

…さらに流産の様式により,妊娠が自然に中絶し流産するものを自然流産,人工的に妊娠を中絶し流産させるものを人工流産と呼ぶ。なお連続3回以上流産を繰り返すものを習慣流産という。
[原因]
 流産は多種多様の原因によって起こるが,現在,原因として比較的明確であり頻度が高いものを,大別して表に示す。…

※「習慣流産」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

習慣流産の関連キーワード飛蚊症何心地不死身パードンドンナ副耳(過剰耳)子宮内反(症)眼瞼縁炎(ただれ目)踵骨骨折外傷急性期けいれん

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

習慣流産の関連情報