コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中富 なかとみ

2件 の用語解説(中富の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中富
なかとみ

山梨県南西部,巨摩山地の東麓にある地区。旧町名。大部分が富士見山の直下に広がる丘陵地で,東部を富士川が峡谷をなして流れる。 1954年西島,大須成,静川,曙の4村が合体し町制施行。 1955年原村を編入。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中富
なかとみ

山梨県南西部、南巨摩(みなみこま)郡にあった旧町名(中富町(ちょう))。現在は身延(みのぶ)町の北西部を占める一地区。1954年(昭和29)西島、静川、大須成(おおすなり)、曙(あけぼの)の4村が合併して町制改称。1955年原村を編入。2004年(平成16)下部(しもべ)町、身延町と合併、身延町となる。旧中富町域は、富士川の中流域、富士見山の東麓(とうろく)に位置する。国道52号が通じる。西嶋(西島)地区は江戸時代富士川水運の舟宿として栄え、また手漉(す)き和紙の産地として400年以上の伝統をもつ。そのほかの地区は富士見山断層崖(だんそうがい)下の渓谷や小丘上に点在する小集落からなっており、かつては林業も盛んであった。近年は過疎化が著しく、そのため工場を誘致し、人口流出を防ぐ努力が行われている。八日市場(ようかいちば)にある大聖(だいしょう)寺の不動明王(ふどうみょうおう)坐像は国指定重要文化財。[横田忠夫]
『『中富町誌』(1971・中富町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中富の関連キーワード山梨県南巨摩郡早川町赤沢山梨県南巨摩郡身延町北川山梨県南巨摩郡身延町下部山梨県南巨摩郡身延町下山山梨県南巨摩郡早川町黒桂山梨県南巨摩郡南部町南部山梨県南巨摩郡南部町福士山梨県南巨摩郡早川町保山梨県南巨摩郡山梨県南巨摩郡身延町嶺

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中富の関連情報