コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村翫右衛門 ナカムラカンエモン

デジタル大辞泉の解説

なかむら‐かんえもん〔‐クワンヱモン〕【中村翫右衛門】

[1901~1982]歌舞伎俳優。3世。屋号、成駒屋。東京の生まれ。昭和6年(1931)河原崎長十郎前進座を創立。歌舞伎の革新に尽力した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

中村翫右衛門【なかむらかんえもん】

歌舞伎俳優。3世〔1901-1982〕は2世の次男。本名三井金次郎。東京生れ。1905年初舞台,1911年3世中村梅之助,1920年3世翫右衛門を襲名。1931年前進座結成に参加,その中心となって活躍。
→関連項目河原崎長十郎

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なかむらかんえもん【中村翫右衛門】

歌舞伎俳優。1839年(天保10)に上上(評判記で上上吉の下の評価)まで昇った敵役がいた。これが初世であろう。(1)2世(1851‐1919∥嘉永4‐大正8) 本名三井梅之助。江戸本郷湯島に生まれる。4世市川門之助の弟子,のちに4世中村芝翫の門弟となり,中村梅雀と改名。1913年4月歌舞伎座で翫右衛門を襲名する。久しく下谷向柳原の柳盛座で座頭をつとめていた。《野崎村》の久作などのほか,〈紅勘(べにかん)踊〉の所作事を得意とした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

なかむらかんえもん【中村翫右衛門】

(三世)(1901~1982) 歌舞伎俳優。屋号、成駒屋。1931年(昭和6)河原崎長十郎とともに「前進座」を創立。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中村翫右衛門
なかむらかんえもん

歌舞伎(かぶき)俳優。
2世(1851―1919)江戸生まれ。本名三井梅之助(うめのすけ)。4世市川門之助、4世中村芝翫(しかん)の門弟で、中村梅之助から中村梅雀(ばいじゃく)を名のり、長い間小芝居で座頭(ざがしら)を勤めて人気があった。晩年に大芝居に出るようになり、1913年(大正2)中村翫右衛門と改名し、名題(なだい)に上った。
3世(1901―1982)2世の子。東京生まれ。本名三井金次郎。屋号成駒(なりこま)屋。5世中村歌右衛門(うたえもん)の門弟となり梅之助と名のったが、1920年(大正9)歌舞伎座で名題になり、3世翫右衛門を襲名した。歌舞伎研究会ともだち座や大衆座を結成するなど、早くから歌舞伎界の革新に情熱を燃やし、1931年(昭和6)5月、2世河原崎(かわらさき)長十郎らと前進座を創立、演技、理論両面における同座の支柱となった。繊細で、しかも情熱的な演技をみせ、とくに世話物に卓越した才能を示した。俊寛(しゅんかん)、吃又(どもまた)、魚屋宗五郎などが当り役。長男が4世中村梅之助(1930―2016)で、前進座の中心俳優として活躍した。[服部幸雄]
『『人生の半分――中村翫右衛門自伝』(1959・筑摩書房) ▽『演技自伝』(1973・未来社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

中村翫右衛門の関連キーワード中村 翫右衛門(2代目)中村 翫右衛門(3代目)河原崎 長十郎(2代目)中村翫右衛門(3代)中村翫右衛門(2世)中村翫右衛門(1世)河原崎長十郎(2代)中村梅之助(4代)いのちぼうにふろうどっこい生きてる元禄忠臣蔵 前篇元禄忠臣蔵 後篇河原崎 しづ江10月14日人情紙風船街の入墨者浅利香津代中村靖之介箱根風雲録豊沢 歌幸

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android