コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村翫右衛門 ナカムラカンエモン

5件 の用語解説(中村翫右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なかむら‐かんえもん〔‐クワンヱモン〕【中村翫右衛門】

[1901~1982]歌舞伎俳優。3世。屋号、成駒屋。東京の生まれ。昭和6年(1931)河原崎長十郎前進座を創立。歌舞伎の革新に尽力した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

中村翫右衛門【なかむらかんえもん】

歌舞伎俳優。3世〔1901-1982〕は2世の次男。本名三井金次郎。東京生れ。1905年初舞台,1911年3世中村梅之助,1920年3世翫右衛門を襲名。1931年前進座結成に参加,その中心となって活躍。
→関連項目河原崎長十郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なかむらかんえもん【中村翫右衛門】

歌舞伎俳優。1839年(天保10)に上上(評判記で上上吉の下の評価)まで昇った敵役がいた。これが初世であろう。(1)2世(1851‐1919∥嘉永4‐大正8) 本名三井梅之助。江戸本郷湯島に生まれる。4世市川門之助の弟子,のちに4世中村芝翫の門弟となり,中村梅雀と改名。1913年4月歌舞伎座で翫右衛門を襲名する。久しく下谷向柳原の柳盛座で座頭をつとめていた。《野崎村》の久作などのほか,〈紅勘(べにかん)踊〉の所作事を得意とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なかむらかんえもん【中村翫右衛門】

(三世)(1901~1982) 歌舞伎俳優。屋号、成駒屋。1931年(昭和6)河原崎長十郎とともに「前進座」を創立。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中村翫右衛門
なかむらかんえもん

歌舞伎(かぶき)俳優。
2世(1851―1919)江戸生まれ。本名三井梅之助(うめのすけ)。4世市川門之助、4世中村芝翫(しかん)の門弟で、中村梅之助から中村梅雀(ばいじゃく)を名のり、長い間小芝居で座頭(ざがしら)を勤めて人気があった。晩年に大芝居に出るようになり、1913年(大正2)中村翫右衛門と改名し、名題(なだい)に上った。
3世(1901―1982)2世の子。東京生まれ。本名三井金次郎。屋号成駒(なりこま)屋。5世中村歌右衛門(うたえもん)の門弟となり梅之助と名のったが、1920年(大正9)歌舞伎座で名題になり、3世翫右衛門を襲名した。歌舞伎研究会ともだち座や大衆座を結成するなど、早くから歌舞伎界の革新に情熱を燃やし、1931年(昭和6)5月、2世河原崎(かわらさき)長十郎らと前進座を創立、演技、理論両面における同座の支柱となった。繊細で、しかも情熱的な演技をみせ、とくに世話物に卓越した才能を示した。俊寛(しゅんかん)、吃又(どもまた)、魚屋宗五郎などが当り役。長男が4世中村梅之助(1930―2016)で、前進座の中心俳優として活躍した。[服部幸雄]
『『人生の半分――中村翫右衛門自伝』(1959・筑摩書房) ▽『演技自伝』(1973・未来社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中村翫右衛門の関連キーワード尾上菊五郎(六代)坂東蓑助遊女歌舞伎大名題歌舞伎狂言歌舞伎子歌舞伎役者名題下路考歌舞伎踊

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中村翫右衛門の関連情報