コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中食(なかしょく)

農林水産関係用語集の解説

中食(なかしょく)

レストラン等へ出かけて食事をする外食と、家庭内で手作り料理をべる「内食」の中間にあって、市販の弁当やそう菜、家庭外で調理・加工された食品を家庭や職場・学校・屋外等へ持って帰り、そのまま(調理加熱することなく)食事をすること。また、その食品(日持ちをしない食品)の総称

出典 農林水産省農林水産関係用語集について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中食(なかしょく)

市販の弁当や総菜など、家庭外で調理された食品。レストランなどでの「外食」と、家で料理して食べる「内食」との中間にある食事形態。外食産業総合調査研究センターによると、外食産業の市場規模は、ピークの97年に29兆円を超えていたが、07年は25兆円弱に縮小。一方、中食は97年には4兆円だったが、07年には6兆円に伸びた。

(2009-03-01 朝日新聞 朝刊 東海経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

中食(なかしょく)の関連キーワード嗇・嘱・囑・拭・植・殖・燭・織・職・色・蝕・触・觸・食・飾エビ、イカ、貝類の汚染物などの取り除き方中食(なかしょく/なかじき)コールドチェーンさんれいフーズ中食マーケット宅食ビジネスベニョフスキ養肝茶漬け中西製作所生理食塩水食の外部化家事労働別所長治メニュー山本亡羊ほうとう中食産業しょうゆ佐太郎

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中食(なかしょく)の関連情報