コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

串良 くしら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

串良
くしら

鹿児島県南東部,鹿屋市東部の旧町域。大隅半島の中部にある。 1932年町制。 2006年鹿屋市,輝北町,吾平町と合体して鹿屋市となった。北部と西部は笠野原シラス台地,東部と南部は串良川,肝属川の沖積地からなる。中心地区は薩摩藩集落から発達。台地での畑作が主で,笠野原畑地灌漑事業によってミカン,ラッカセイ,野菜,飼料作物が栽培されるほか,園芸と畜産も盛ん。沖積地の水田地帯は,米作のほかトマト,キュウリ,メロン,ピーマンなどの栽培が行なわれる。ウナギの養殖も盛ん。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

串良
くしら

鹿児島県大隅(おおすみ)半島中央部、肝属(きもつき)郡にあった旧町名(串良町(ちょう))。現在は鹿屋(かのや)市の東部を占める。旧串良町は1932年(昭和7)西串良村が町制施行。2006年(平成18)鹿屋市に合併。旧町域の大部分はシラス土壌の笠野原(かさのはら)台地東部にあたり、台地の東端と南端に、串良川、肝属川の沖積地が形成されている。また、北部は丘陵性の山地である。国道220号が中央部を東西に走り、国道269号が北西部を通過する。笠野原台地上は広大な畑地で、1967年以来国営畑地灌漑(かんがい)事業の進展により、畜産の各部門や、サトイモなどの野菜、花卉(かき)などの園芸作物の生産が伸びている。標高109メートルの大塚山公園は眺望のきく丘陵公園であり、特攻基地であった串良海軍航空隊の跡地は平和公園になっている。[田島康弘]
『『串良郷土誌』(1973・串良町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

串良の関連キーワード鹿児島県肝属郡東串良町新川西鹿児島県肝属郡東串良町池之原鹿児島県肝属郡東串良町川東鹿児島県肝属郡東串良町岩弘鹿児島県肝属郡東串良町川西東串良のきゅうり東串良のピーマン日南海岸国定公園東串良町の要覧鹿児島県肝属郡鹿児島県鹿屋市東九州自動車道中原 菊次郎東串良[町]東串良(町)肝付(町)唐仁古墳群鹿屋(市)輝北[町]串良[町]

串良の関連情報