コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

串良 くしら

2件 の用語解説(串良の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

串良
くしら

鹿児島県南東部,鹿屋市東部の旧町域。大隅半島の中部にある。 1932年町制。 2006年鹿屋市,輝北町,吾平町と合体して鹿屋市となった。北部と西部は笠野原シラス台地,東部と南部は串良川,肝属川の沖積地からなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

串良
くしら

鹿児島県大隅(おおすみ)半島中央部、肝属(きもつき)郡にあった旧町名(串良町(ちょう))。現在は鹿屋(かのや)市の東部を占める。旧串良町は1932年(昭和7)西串良村が町制施行。2006年(平成18)鹿屋市に合併。旧町域の大部分はシラス土壌の笠野原(かさのはら)台地東部にあたり、台地の東端と南端に、串良川、肝属川の沖積地が形成されている。また、北部は丘陵性の山地である。国道220号が中央部を東西に走り、国道269号が北西部を通過する。笠野原台地上は広大な畑地で、1967年以来国営畑地灌漑(かんがい)事業の進展により、畜産の各部門や、サトイモなどの野菜、花卉(かき)などの園芸作物の生産が伸びている。標高109メートルの大塚山公園は眺望のきく丘陵公園であり、特攻基地であった串良海軍航空隊の跡地は平和公園になっている。[田島康弘]
『『串良郷土誌』(1973・串良町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

串良の関連キーワード鹿児島県鹿屋市打馬鹿児島県鹿屋市北田町鹿児島県鹿屋市共栄町鹿児島県鹿屋市寿鹿児島県鹿屋市田崎町鹿児島県鹿屋市西原鹿児島県鹿屋市浜田町鹿児島県鹿屋市東原町鹿児島県鹿屋市本町鹿児島県鹿屋市南町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

串良の関連情報