コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝属川 きもつきがわ

4件 の用語解説(肝属川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肝属川
きもつきがわ

鹿児島県南東部,肝属平野を流れる川。上流は鹿屋川といい,高隈山地の東斜面に源を発し,笠野原の西端を南流し,肝属平野で東方に流れを変え,志布志湾に注ぐ。大隅半島最大の川で,下流は古くから氾濫を繰返し多くの水害をもたらした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きもつき‐がわ〔‐がは〕【肝属川】

鹿児島県、大隅半島中央部を流れる川。高隈(たかくま)山地御岳(おんたけ)(標高1182メートル)の東斜面に源を発し、シラス台地笠野原を迂回して志布志(しぶし)湾に注ぐ。長さ34キロ。上流部を鹿屋(かのや)川ともいう。支流の串良(くしら)川に高隈ダムが建設され畑地灌漑(かんがい)が行われている。下流部には沖積平野の肝属平野が広がる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕肝属川(きもつきがわ)


鹿児島県大隅(おおすみ)半島を流れる川。高隈(たかくま)山地の御(おん)岳(標高1182m)東斜面に源を発し、笠野原(かさのはら)の南西縁を巡り、南東流して志布志(しぶし)湾に注ぐ。1級河川(肝属川水系)。延長34km。流域面積485km2。上・中流域にはシラス台地が広がる。支流串良(くしら)川の上流に灌漑(かんがい)用の高隈ダムがある。上流部は鹿屋(かのや)川とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肝属川
きもつきがわ

鹿児島県大隅(おおすみ)半島中央部の笠野原(かさのはら)を迂回(うかい)し、志布志(しぶし)湾へ流れる半島部最大の川。一級河川。上流部は鹿屋(かのや)川ともよばれ、高隈(たかくま)山地の東斜面に源をもつ。流域面積485平方キロメートル、延長34キロメートル。支流串良(くしら)川の上流には、笠野原の畑地灌漑(かんがい)用のため高隈ダムが建設され(1967)、大隅湖とよばれている。下流部には広い沖積低地(肝属平野)があり、以前には米の二期作地であった。[塚田公彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

肝属川の関連キーワード大隅大隅〈町〉鹿児島県曽於市大隅町荒谷鹿児島県曽於市大隅町岩川鹿児島県曽於市大隅町大谷鹿児島県曽於市大隅町坂元鹿児島県曽於市大隅町須田木鹿児島県曽於市大隅町月野鹿児島県曽於市大隅町恒吉鹿児島県曽於市大隅町中之内

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

肝属川の関連情報