コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輝北 きほく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

輝北
きほく

鹿児島県南東部,鹿屋市北部の旧町域。大隅半島北部の高隈山地東麓にある。 1956年百引村と市成村が合体して町制。 2006年鹿屋市,串良町,吾平町と合体して鹿屋市となった。古くから名馬を産し,地名も中国の名馬の産地である驥北 (きほく) に由来。農業が主産業で,サツマイモナタネ,タバコの栽培,および肉牛乳牛,ブタの飼育が盛ん。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

輝北
きほく

鹿児島県大隅(おおすみ)半島北西部、曽於(そお)郡にあった旧町名(輝北町(ちょう))。現在は鹿屋(かのや)市の北部を占める。旧輝北町は1956年(昭和31)囎唹(そお)郡(1972年曽於郡と改称)市成(いちなり)村と肝属(きもつき)郡百引(もびき)村が郡境を越えて合併し町制施行。町名は、昔から名馬の産地で驥北(きほく)とよばれていたことに由来する。2006年(平成18)鹿屋市に合併。旧輝北町の西部は高隈(たかくま)山地や高原、東部はシラス台地で、菱田(ひしだ)川支流の堂籠(どうごもり)川、絹田川、梅ヶ渡(わたし)川などの各河川により侵食谷が刻まれている。鉄道はないが、国道504号を中心に県道が縦横に走っている。畜産とくに和牛の生産が盛んで、高原部には大牧場がつくられている。林野面積が広く林業も活発で、スギ、ヒノキの植林が行われている。上場(うわば)高原は曽於八景の一つ、登見(とけん)ノ丘はツツジの名所である。[田島康弘]
『『輝北町郷土史』(1966・輝北町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

輝北の関連キーワード鹿児島県鹿屋市輝北町上百引鹿児島県鹿屋市輝北町市成鹿児島県鹿屋市串良[町]輝北[町]鹿屋(市)髙さき正治吾平[町]

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

輝北の関連情報