コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠野原 かさのばる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

笠野原
かさのばる

鹿児島県南東部,大隅半島中部に広がるシラス台地。笠之原とも書き,「かさんばい」「かさのはら」などともいう。面積約 60km2鹿屋市に属する。北西部の高隈山地から南東部の肝属平野に向かって緩傾斜した扇形の台地北部は標高約 150m,中部は約 100m,南端は 20m。地表は黒ボクと呼ばれる黒色土が1~2mの厚さで分布し,その下層はシラスと呼ばれる灰色の火山灰砂層が 50~100mの厚さに堆積。浸食に弱く,若い谷が急崖をつくる。シラスは透水性が大きいため,台地は水に乏しく,開発は困難で,集落の発達をみなかった。 1967年高隈ダムの完成により畑地灌漑が進み,サツマイモ,タバコ,ナタネラッカセイなどを栽培。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かさの‐はら【笠野原】

鹿児島県、大隅半島中央部にあるシラス台地。鹿屋(かのや)市と肝属(きもつき)郡肝付(きもつき)町にまたがる。東西10キロメートル、南北14キロメートル、標高30~170メートル。肝属川上流の支流串良(くしら)川上流に高隈(たかくま)ダム(高隈湖)があり、畑地灌漑(かんがい)に利用されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

笠野原【かさのはら】

鹿児島県大隅半島中央部の台地。おもに厚いシラス層におおわれており,標高180〜20mで,南方へ低下。地下水面が深く,1924年水道が設置されるまで60〜80mの深井戸に頼った。
→関連項目串良[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かさのはら【笠野原】

笠之原とも書き,地元では〈かさのばる〉または〈かさんばい〉などという。鹿児島県東部,大隅半島のほぼ中央部にあり,鹿屋市および肝属(きもつき)郡串良(くしら)町にまたがる。南九州に広くあるシラス台地という火山灰台地の中で比較的広く代表的なものの一つである。北部を頂点とするほぼ正三角形をなし,東西10km,南北13km,面積は60km2に達する。高さは北部で150m,南端では30mである。シラスは透水性が大きく,シラス台地の縁辺部がほとんどの場合急崖をなして下の沖積面に続くため,台地上では水を得るのに不便で,長く無住の荒地として放置された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕笠野原(かさのはら)


鹿児島県大隅(おおすみ)半島中部にある火山灰台地。同県最大のシラス台地。南北約12km、東西約8km。標高30~170m。水利が悪く農業には不適だったが、昭和40年代初めに畑地灌漑(かんがい)事業が行われ、サツマイモなどの野菜栽培と酪農が発展。地元では「かさのばる」「かさんばい」ともよぶ。

〔鹿児島県〕笠野原(かさのばる)


笠野原(かさのはら)

〔鹿児島県〕笠野原(かさんばい)


笠野原(かさのはら)

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

笠野原
かさのはら

鹿児島県大隅(おおすみ)半島中央部にある同県最大のシラス台地。東西約9キロメートル、南北約12キロメートルでほぼ台形をなす。全体の面積は約90平方キロメートルであるが、一部に開析谷が入り込む。標高30~170メートルに及び、鹿屋(かのや)市、肝付(きもつき)町にわたる。四周を肝属(きもつき)川、串良川、鹿屋川に開析され、急崖(きゅうがい)をなして低地に連なるが、台地面は一部を除き非常に平坦(へいたん)である。開析谷付近や台地末端部を除くと地下水位が低く極度な乏水地域であった。そのため開発は遅れ、本格的な開発事業は1927年(昭和2)の上水道、1934年の耕地整理事業以後のことである。1967年(昭和42)肝属川上流に高隈(たかくま)ダムが建設され、畑地灌漑(かんがい)事業が推進されるに至ってやっと近代的営農が定着した。[塚田公彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

笠野原の関連キーワード鹿児島県鹿屋市鹿児島(県)中原 菊次郎鹿屋(市)串良〈町〉鹿屋[市]中原菊次郎串良[町]志布志湾鹿屋台地肝付町大隅線大隅湖井戸水利