コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿屋市 かのや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鹿屋〔市〕
かのや

鹿児島県南東部,大隅半島中部,肝属平野にある市。北西部に高隈山地,中部に笠野原があり,西で鹿児島湾に面する。 1941年市制。 2006年輝北町,串良町,吾平町の3町と合体。中心市街地の鹿屋は旧城下町で,大隅半島の中心地の一つ。古代後期以来,肝付氏の支配下にあったが,天正2 (1574) 年以後島津氏の領地となった。明治以後,目立った発展はなかったが,1936年海軍航空隊基地が設置され,第2次世界大戦中は特攻隊基地となった。戦後,特攻隊基地跡は海上自衛隊鹿屋航空基地となった。周辺には笠野原,郷之原,鹿屋台地などのシラス台地が多く,サツマイモ,葉タバコ,園芸作物などを産する。デンプン,水飴,焼酎などの工場が散在する。肉牛飼育も多く,カンパチやウナギの養殖も盛ん。商業も盛んで大型店や専門店が多く,行政・金融機関が集中する。 1981年開学の鹿屋体育大学がある。国道 220号線,269号線,504号線が通る。面積 448.15km2。人口 10万3608(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かのや‐し【鹿屋市】

鹿屋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

鹿屋市の関連キーワード鹿児島県鹿屋市輝北町上百引鹿児島県鹿屋市輝北町下百引鹿児島県鹿屋市輝北町諏訪原鹿児島県鹿屋市吾平町下名鹿児島県鹿屋市西大手町鹿児島県鹿屋市永野田町鹿児島県鹿屋市永小原町鹿児島県鹿屋市笠之原町鹿児島県鹿屋市西祓川町鹿児島県鹿屋市上祓川町鹿児島県鹿屋市古前城町鹿児島県鹿屋市獅子目町鹿児島県鹿屋市小野原町鹿児島県鹿屋市下祓川町鹿児島県鹿屋市郷之原町鹿児島県鹿屋市根木原町鹿児島県鹿屋市吾平町麓鹿児島県鹿屋市旭原町鹿児島県鹿屋市川西町鹿児島県鹿屋市川東町

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鹿屋市の関連情報