コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吾平 あいら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吾平
あいら

鹿児島県南東部,鹿屋市南部の旧町域。大隅半島の中部にある。 1947年姶良村を改称,町制。 2006年鹿屋市,輝北町,串良町と合体して鹿屋市となった。北半は肝属平野,南半は肝属山地北斜面にある。集落として発達。従来のサトウキビに代えて牧草,飼料作物などを栽培。吾平山陵を中心とする史跡がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吾平
あいら

鹿児島県南東部、肝属(きもつき)郡にあった旧町名(吾平町(ちょう))。現在は鹿屋(かのや)市の南東部を占める。旧吾平町は1889年(明治22)姶良(あいら)村となったが、1947年(昭和22)町制施行とともに吾平山陵にちなむ現在名に改称。2006年(平成18)鹿屋市に合併。旧町域は大隅(おおすみ)半島の中央に位置する。旧国鉄大隅線はバスに転換。南部は肝属山地、北部は肝属川が流れ、姶良川が北流し、シラス台地を開析している。中世末、肝付氏領から島津氏領となり、近世には麓(ふもと)(外城(とじょう))が置かれた。主産業は農業で、おもに米、サツマイモ、タバコなどを栽培し、肉牛やブタなどの畜産も盛んである。神話や伝説が多く、姶良川上流にある吾平山陵は神武(じんむ)天皇の父、鵜葺草葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)の墓と伝えられ、正月や例大祭には多くの参拝客でにぎわう。[平岡昭利]
『『吾平町誌』上下(1991・吾平町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

吾平の関連キーワード鹿児島県鹿屋市吾平町上名鹿児島県鹿屋市輝北[町]吾平〈町〉鹿屋(市)柳条亭小道串良[町]吾平[町]げんもん鵜戸神宮狭野神社手研耳命吾田小橋美し里切絵図小鹿

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吾平の関連情報