コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸山千里 まるやま ちさと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丸山千里 まるやま-ちさと

1901-1992 昭和-平成時代の皮膚科学者。
明治34年11月27日生まれ。昭和22年母校日本医専の後身の日本医大教授,49年学長となる。19年皮膚結核の治療のため,ヒト型結核菌抽出物から「丸山ワクチン」を開発。これががん治療に有効であるとして抗がん剤の申請をしたが,厚生省の認可はえられず,治験薬としての生産がつづくなか,平成4年3月6日死去。90歳。長野県出身。
【格言など】私は患者さんの病気さえよくなれば十分です

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

丸山千里【まるやまちさと】

医学者。長野県生れ。1928年に日本医科大学を卒業し,同大学皮膚科学教室に入局皮膚結核ハンセン病の治療に打ち込む過程で,1944年に皮膚結核の治療薬としてワクチンを精製,のちに〈丸山ワクチン〉と呼ばれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丸山千里
まるやまちさと
(1901―1992)

医学者。長野県生まれ。1928年(昭和3)日本医科大学皮膚科を卒業、同皮膚科教室に入局、1947年同教授。丸山ワクチンを開発し、1944年以来、皮膚結核、ハンセン病の治療に使用してきたが、1966年以来、(がん)治療に用いる。しかし、厚生省から抗悪性腫瘍剤(こうあくせいしゅようざい)としての製造承認が得られず、有償治験薬の特別措置がとられて使用されている。1968年日本医科大学附属病院長、1972年同ワクチン療法研究所長、1974年同学長を歴任し、同名誉教授。著書に『丸山ワクチン―ガンを追いつめる』『皮膚科全書結核疹』などがある。平成4年3月6日没。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

丸山千里の関連キーワード11月27日井口民樹治験薬

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android