コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九度山[町] くどやま

百科事典マイペディアの解説

九度山[町]【くどやま】

和歌山県北東部,伊都(いと)郡の町。富有柿の大産地で,ミカンモモの栽培も行う。繊維工業が盛んで,パイル織物,衣料縫製などが行われている。木材も産する。真田幸村が一時住んだ地で,真田庵がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くどやま【九度山[町]】

和歌山県北東部,高野山の北麓にある伊都郡の町。人口6661(1995)。高野山から流下する丹生川と紀ノ川の合流点の南岸にあり,町域の大部分は紀伊山地北縁の山地である。古くから高野山参詣路の要地で,対岸の高野口町と相対する渡津として発展した。中世までは高野山領を統轄した高野政所が慈尊院に置かれ,高野山の登山口,経済の中心地として重きをなした。近世には木食(もくじき)応其が開いた高野街道が町内の河根(かね)を通り,河根は宿場として繁栄した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android