コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二重拡散対流(海洋) にじゅうかくさんたいりゅう double diffusive convection

1件 の用語解説(二重拡散対流(海洋)の意味・用語解説を検索)

海の事典の解説

二重拡散対流(海洋)

海水の密度は、圧力の他水温と塩分によって決まる。このような二成分系においては、最初密度的に安定な成層であっても、二つの成分の拡散係数に差があると 不安定を起こして、対流を起こすことがある。このようにして起こされた対流を二重拡散対流と呼ぶ。熱の拡散係数は塩分のそれに比べ100倍も大きく、海洋 中にはソルトフィンガー型対流と拡散型対流の二種の二重拡散対流が生じている所があり、海洋微細構造の決定と海水の混合に重要な役割を果たしている。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
Copyright(C) Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二重拡散対流(海洋)の関連キーワード水塊ポテンシャル水温海水温度水温力学計算キャベリングみかけの酸素消費量密度躍層ポテンシャル密度現場密度

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone