コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五領ヶ台貝塚 ごりょうがだいかいづか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五領ヶ台貝塚
ごりょうがだいかいづか

神奈川県平塚市広川町にある縄文時代中期の貝塚。中期初頭の五領ヶ台式土器を出土する遺跡と,中期末の土器を出土する遺跡とがある。土器のほか石器,骨角器が出ている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

国指定史跡ガイドの解説

ごりょうがだいかいづか【五領ヶ台貝塚】


神奈川県平塚市広川にある貝塚遺跡。大磯丘陵の東端、相模(さがみ)川の支流である金目(かなめ)川に臨む標高約40mの舌状台地に所在。大正時代以来たびたび行われた発掘調査によって、貝塚の範囲があまり大きくないことや、台地の東側と西側の緩斜面に2ヵ所の貝塚があることが判明した。東・西貝塚と呼ばれており、1972年(昭和47)に国の史跡に指定された。おもな貝類は、ダンベイキサゴ・ハマグリ・ウミニナなどであり、獣類ではイルカが大多数を占め、クジラ・イノシシ・シカなど、魚類ではマダイ・クロダイ・サメ・スズキなどが知られ、漁労活動に依存した生活状況を知ることができる。そのほか土器・石器・骨角器などの出土も豊富で、発見された土器には縄文時代中期の「勝坂式土器」の母体となった諸要素があり、「五領ヶ台式土器」と命名され、標式遺跡としての価値が高いといわれている。出土品は、平塚市博物館などに展示。小田原厚木道路平塚ICから車で約3分。

出典|講談社国指定史跡ガイドについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五領ヶ台貝塚
ごりょうがだいかいづか

神奈川県平塚市広川にある縄文時代中期初頭の貝塚。五領ヶ台式土器の標式遺跡でもある。相模(さがみ)川の沖積地を一望できる標高40メートルの丘陵上に立地する。丘陵中央部の東西斜面に小規模な貝塚をみる。ダンベイキシャゴを主体とした純貝層で20~30センチメートルの厚さをもつ。イルカやクジラの骨が目だつ。貝層からは五領ヶ台式土器が出土するが、貝層下には田戸(たど)下層式、茅山(かやま)式、関山式が、また貝層上よりは五領ヶ台上層式、阿玉台(おたまだい)式、勝坂式などの各土器片が発見される。大正末年以来、石野瑛(えい)、八幡一郎、江坂輝彌(てるや)らによって小発掘が繰り返されてきた。1971年(昭和46)国史跡に指定。都市公園の中に組み込まれ、保存活用されている。出土品は平塚市博物館に展示。[岡本 勇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

五領ヶ台貝塚の関連キーワード平塚(市)岡本

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android