コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上清直 いのうえきよなお

5件 の用語解説(井上清直の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

井上清直
いのうえきよなお

[生]文化6(1809).豊後,日田
[没]慶応3(1867).12.28.
江戸時代末期の幕府外国奉行。信濃守。日田代官所役人内藤吉兵衛の子。川路聖謨 (としあきら) の実弟。与力井上新左衛門の養子となり,海外事情に精通。老中阿部正弘に認められ,安政2 (1855) 年,勘定吟味役から下田奉行に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上清直 いのうえ-きよなお

1809-1868* 江戸時代後期の武士。
文化6年生まれ。川路聖謨(としあきら)の弟。幕臣。安政2年(1855)下田奉行となる。ハリスと折衝し,4年下田条約に,5年日米修好通商条約に調印。さらに外国奉行をかね,諸外国との交渉に活躍する。6年軍艦奉行。のち勘定奉行となり,関東郡代町奉行を兼任した。慶応3年12月25日死去。59歳。本姓は内藤。通称は松吉,新右衛門。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

井上清直

没年:慶応3.12.25(1868.1.19)
生年:文化6(1809)
幕末の幕府官僚。父は豊後(大分県)日田代官所の属吏内藤吉兵衛。川路聖謨は兄に当たる。幼少のとき一家をあげて江戸に出て,旗本井上家に養子に入る。ペリー来航後の安政2(1855)年勘定吟味役に登用され,次いで下田奉行。同3年7月米国総領事ハリスと折衝,その江戸訪問,将軍徳川家定との会見にかかわり,同4年12月岩瀬忠震と共に全権委員に任命されて日米修好通商条約の審議を担当した。同5年6月19日同条約に調印,7月新設の外国奉行に就任,同6年11月軍艦奉行,文久2(1862)年8月再び外国奉行,同年12月町奉行となる。折から尊王攘夷運動の激昂に対して武力鎮圧の計画が生まれ,文久3年5月向山黄村,水野忠徳と共に老中小笠原長行に従い海路率兵上坂し,尊攘派勢力の追放を目指して上洛を試みるが失敗,差控を命じられ免職された。翌元治1(1864)年9月外国奉行,11月勘定奉行,慶応2(1866)年6月町奉行を兼任,打ちこわし,浪士の横行など混乱する江戸の行政に繁忙の日々を送り,病没。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いのうえきよなお【井上清直】

1809‐67(文化6‐慶応3)
幕末の政治家。信濃守。日田代官属吏内藤家の三男で,川路聖謨(としあきら)の実弟。与力井上家の養子。1855年(安政2)阿部正弘に登用されて下田奉行となる。58年岩瀬忠震(ただなり)とともに日米修好通商条約の交渉に当たり調印し,次いで新設の外国奉行を兼帯し,ロシアフランスとの通商条約に調印した。大老井伊直弼に忌諱(きい)されて一時左遷されたが,その後軍艦奉行,勘定奉行公事方,外国奉行,町奉行を歴任した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

井上清直
いのうえきよなお
(1809―1867)

江戸末期の幕臣。初代外国奉行(ぶぎょう)。日田(ひた)代官属吏内藤吉兵衛(のち幕府徒士(かち))の三男。与力(よりき)井上新左衛門の養子。松吉、新右衛門(しんえもん)と称し、のち信濃守(しなののかみ)。川路聖謨(かわじとしあきら)の実弟。幕府評定所(ひょうじょうしょ)書物方、勘定所留役助(すけ)、寺社奉行付調役(しらべやく)を経て、1852年(嘉永5)勘定組頭に任ぜられた。俊敏の聞こえある清直は、老中阿部正弘(まさひろ)に抜擢(ばってき)され、54年(安政1)勘定吟味役、55年下田奉行と進んだ。56年アメリカ使節ハリスの来日に際し、その応接に努めた。日米修好通商条約には、岩瀬忠震(ただなり)とともに全権となり、国益保全のため全力を集中して審議にあたり、交渉相手のハリスに、このような外交官をもったことは日本国民にとり幸いであった、と述懐させた。58年6月同条約に調印。翌7月創設の外国奉行に岩瀬らとともに任ぜられ、下田奉行兼任で外交折衝にあたり、オランダ、ロシア、イギリス、フランスとも同様の条約を結んだ(安政(あんせい)五か国条約)。しかし、将軍継嗣(けいし)問題で大老井伊直弼(いいなおすけ)に疎(うと)まれ、59年小普請(こぶしん)奉行に左遷された。のち軍艦奉行、外国奉行(再任)、勘定奉行、町奉行を歴任した。慶応(けいおう)3年12月25日病没。[多田 実]
『川路寛堂著『川路聖謨之生涯 付録・井上清直略伝』(1970・世界文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

井上清直の関連キーワード大分県日田市石井大分県豊後大野市大野町田代大分県日田市北友田大分県日田市隈大分県日田市城町大分県日田市田島大分県日田市淡窓大分県日田市本町大分県日田市丸山大分県日田市山田

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone