コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京極高秀(1) きょうごく たかひで

1件 の用語解説(京極高秀(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

京極高秀(1) きょうごく-たかひで

1328-1391 南北朝時代の武将。
嘉暦(かりゃく)3年生まれ。佐々木(京極)高氏の3男。兄京極秀綱,秀宗の死後家督をつぎ,飛騨(ひだ)・出雲(いずも)守護,室町幕府侍所頭人などを歴任。管領(かんれい)細川頼之の追放をはかって足利義満にそむいたが(康暦(こうりゃく)の政変),まもなくゆるされた。明徳2=元中8年10月11日死去。64歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

京極高秀(1)の関連キーワード北斉阿蘇惟政伊賀兼長上杉憲孝斯波兼頼南部政行船田経政松浦定結城朝常由良光氏

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone