コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京極高秀(1) きょうごく たかひで

1件 の用語解説(京極高秀(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

京極高秀(1) きょうごく-たかひで

1328-1391 南北朝時代の武将。
嘉暦(かりゃく)3年生まれ。佐々木(京極)高氏の3男。兄京極秀綱,秀宗の死後家督をつぎ,飛騨(ひだ)・出雲(いずも)守護,室町幕府侍所頭人などを歴任。管領(かんれい)細川頼之の追放をはかって足利義満にそむいたが(康暦(こうりゃく)の政変),まもなくゆるされた。明徳2=元中8年10月11日死去。64歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

京極高秀(1)の関連キーワードバロア朝ゴンザーガ家京極高秀山科教言山名氏清政治資金政党助成カペー朝フィリップ密蔵院

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone