コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人形峠 にんぎょうとうげ

7件 の用語解説(人形峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人形峠
にんぎょうとうげ

鳥取県三朝町と岡山県鏡野町との境にある峠。昔,旅人を悩ませた大グモを人形でおびき寄せて退治したという伝説が地名の由来。峠付近には日本で最初に発見されたウラン鉱床があり,1955年動力炉・核燃料開発事業団による人形峠鉱業所が設けられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にんぎょう‐とうげ〔ニンギヤウたうげ〕【人形峠】

鳥取県三朝(みささ)町と岡山県鏡野町の境の峠。標高739メートル。昭和30年(1955)に付近でウラン鉱が発見された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

人形峠【にんぎょうとうげ】

鳥取・岡山県境の中部,中国山地にある峠。標高739m。国道179号線が通じる。1955年付近一帯の第三紀層基底部の人形峠層中に優秀なウラン鉱床が発見された。堆積性鉱床で,不整合の凹所にあり,ウラン鉱物は人形石,センウラン鉱,リン灰ウラン鉱,カルノー石など。
→関連項目ウラン三朝[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

にんぎょうとうげ【人形峠】

岡山県苫田(とまた)郡上斎原村と鳥取県東伯郡三朝(みささ)町の境界にある峠。標高739m。中国山地の分水界をなす。地名は付近の人形仙(1004m)に由来する。かつての倉吉往来は人形仙の東側を通っていたが,1904年に現在の峠を通る国道179号線のルートに変更された。峠付近にはスキー場やキャンプ場のある高清水高原,恩原高原がある。1955年に通産省地質調査所の調査により峠付近でウラン鉱床が発見され,日本に存在するウラン鉱としては大量かつ高品位であるため,56年設立の原子燃料公社が59年から本格的調査・開発に入り,67年設立の動力炉・核燃料開発事業団がそれを継承した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にんぎょうとうげ【人形峠】

鳥取県と岡山県との県境にある峠。海抜739メートル。付近一帯にウラン鉱床があり、1956年(昭和31)から採掘が始められた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔鳥取県(岡山県)〕人形峠(にんぎょうとうげ)


鳥取・岡山県境、中国(ちゅうごく)山地東方を越える峠。標高約740m。国道179号がトンネルで通過する。1955年(昭和30)、鳥取県側で日本初のウラン鉱床(推定埋蔵量499万t)が発見され、1982年(昭和57)からウラン濃縮実験設備が運転を始めたが、品質が低く採算に合わないため採掘を停止。2005年(平成17)、独立行政法人日本原子力研究開発機構人形峠環境技術センターに引き継がれ、ウラン濃縮プラント廃止措置の技術開発、原子力利用の必要と理解を訴える人形峠展示館を運営する。北側の高清水(たかしみず)高原はキャンプの好適地で知られ、眺望に優れる。東約5kmに恩原(おんばら)貯水池恩原高原スキー場がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人形峠
にんぎょうとうげ

鳥取県東伯(とうはく)郡三朝(みささ)町と岡山県苫田(とまた)郡鏡野(かがみの)町の県境にある峠。標高739メートル。日本最初の堆積(たいせき)型ウラン鉱床が発見されたことで知られる。鏡野町に日本原子力研究開発機構の人形峠環境技術センターがある。鉱床は基盤の花崗(かこう)岩山地の侵食凹地に堆積した新第三紀砂礫(されき)岩層中に胚胎(はいたい)し、火山岩類で覆われている。推定埋蔵量は約374万トンで東濃鉱山に次ぎ日本第2位。1964年(昭和39)原鉱石の試験製錬を始め、1982年には遠心分離法によるウラン濃縮パイロット・プラントの全面運転を開始、日本の核燃料サイクルの製錬、転換、濃縮部門の技術開発センターとなった。2001年(平成13)にウラン濃縮プラントは運転を終了している。峠の西方、旧峠下の標高610メートルの地を国道179号が人形トンネルによって越えている。
 なお、峠には大きなクモがいて山越えをする人々を襲った、また、ある男が藁(わら)人形でクモをおびき出して退治したという伝説がある。[岩永 實]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の人形峠の言及

【鳥取[県]】より

…日南町多里のクロム鉄鉱山は,1900年ころ発見された日本の代表的なクロム鉄鉱床である。ウラン鉱は55年に岡山県境の人形峠付近で発見され,峠の岡山県側で粗製錬工場が操業している。 鳥取県の製造品出荷額は全国出荷額の0.4%にすぎず,47都道府県中44位である(1995)。…

※「人形峠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

人形峠の関連キーワード中国学園大学中国街道中国中央電視台中国藻屑蟹中国茶の日日本と中国九州中国学会中国・四国整形外科学会中和〈村〉中国新聞社

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

人形峠の関連情報