コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人間嫌い ニンゲンギライ

8件 の用語解説(人間嫌いの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にんげん‐ぎらい〔‐ぎらひ〕【人間嫌い】

世間の人とつきあうのを嫌うこと。また、その人。
[補説]戯曲名別項。→人間嫌い

にんげんぎらい【人間嫌い】[戯曲]

《原題、〈フランスLe Misanthropeモリエールの戯曲。5幕。1666年初演。上流社会の不義・不正や虚偽を憎む人間嫌いの潔癖な青年アルセストが、コケット未亡人に恋するというジレンマをめぐって繰り広げられる性格喜劇

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

人間嫌い【にんげんぎらい】

モリエールの韻文喜劇。《Le misanthrope》。5幕。1666年初演。潔癖家のアルセストが世間から嘲笑(ちょうしょう)され,訴訟事件にも敗れ,人間嫌いとなり,砂漠へのがれようとするまでの話に,社交界の花形セリメーヌ,処世術にたけたフィラントらがからむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

にんげんぎらい【人間嫌い Le misanthrope】

フランスの劇作家モリエール作の性格喜劇。5幕韻文。初演1666年。《ミザントロープ》ともいう。17世紀フランス古典劇理論に合致した傑作。全体の均衡を整え,筆を抑えながら,上流貴族社交界の風俗を,陰影に富み洗練された会話で綴り描いてゆく作者の手腕はみごとというほかはない。巧言令色の支配する社交界に憤激して人間嫌いになる正義漢アルセストに,社交界の典型的紳士フィラント,虚栄の泡から生まれた美女セリメーヌと貞淑なエリアント,そしてこの4人の周囲を彩るこっけいな小侯爵たち。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にんげんぎらい【人間嫌い】

他人とかかわりを持つことをいやがること。また、そういう性格の人。
戯曲名(別項参照)。

にんげんぎらい【人間嫌い】

モリエールの喜劇。五幕。1666年初演。直情径行型の青年アルセストがコケティッシュな未亡人との恋に破れ、不義・不正を憎んで人間嫌いになる。上流社会の軽佻浮薄を風刺し、韻文の格調の高さから最高の性格喜劇とされる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人間嫌い
にんげんぎらい

ル・ミザントロープ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人間嫌い
にんげんぎらい
Le Misanthrope

フランスの劇作家モリエールの戯曲。五幕韻文喜劇。1666年初演。『ミザントロープ』『孤客』『怒りっぽい恋人』などとも訳される。直情径行のアルセストは若い未亡人セリメーヌを愛しているが、コケットな彼女は周囲に愛嬌(あいきょう)を振りまくばかりでなかなか本心を明かそうとしない。才気煥発(かんぱつ)の彼女は巧みな会話でサロンの客たちを喜ばせ、アルセストの憤懣(ふんまん)を募らせる。アルセストは係争中の訴訟に敗れ、理の通らない世間に絶望感を抱く。セリメーヌはほうぼうに送った恋文を同時に突きつけられ窮地に陥る。アルセストは俗界を離れて2人で暮らそうと真率に彼女を誘うが、セリメーヌには社交なしの生活は考えられない。両者は平行線をたどるばかりである。2人の周囲にうぬぼれの強い詩人、軽薄な侯爵たち、信心を装う女性らを配し、戯曲は上流社会の戯画を示している。フランス古典喜劇中きわめて完成度の高い作と目される。[井村順一]
『辰野隆訳『孤客(ミザントロオプ)』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人間嫌いの関連キーワードコルネイユ性格喜劇モラティンモリエールコメディーフランセーズ新宿シアターモリエールゴールデン・スランバーアリエージョワコメディ・フランセーズボンナリエール

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

人間嫌いの関連情報