コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼の舌震 おにのしたぶるい

3件 の用語解説(鬼の舌震の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

鬼の舌震【おにのしたぶるい】

島根県仁多町(現・奥出雲町),斐伊川支流大馬木(おおまき)川の渓谷(名勝)。花コウ岩が浸食により深いV字谷をなし,川の中には巨岩,甌穴(おうけつ)が見られる
→関連項目仁多[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おにのしたぶる【鬼の舌震】

鬼舌振とも書く。島根県南東部,斐伊(ひい)川支流大馬木川の中流部にある約3kmにわたる渓谷で,県立自然公園天然記念物に指定されている。仁多郡仁多町,横田町に及ぶ。地名は《出雲国風土記》の和爾(わに)伝承から転じたともいう。一帯は花コウ岩が浸食されて両岸が切り立った急峻な渓谷で,河水による大小の甌穴(おうけつ)が河底にみられる。球状の割れ目をもつこうもり岩,千畳敷岩,畳岩などの岩塊と,両岸のミズナラコナラ,ナツハゼ,カエデなどの広葉樹を中心にアカマツが点在する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鬼の舌震
おにのしたぶるい

島根県南東部、斐伊(ひい)川の支流大馬木(おおまき)川にある峡谷。仁多郡奥出雲(おくいずも)町に属す。花崗(かこう)岩の基盤が侵食されてできたV字谷で3キロメートルに及ぶ。河床には大小の甌穴(おうけつ)群や十畳敷石、船岩などの巨岩があり、また両岸は天狗(てんぐ)岩などの絶壁をなし、所々に滝がかかる秘境である。国の名勝・天然記念物に指定されており、また県立自然公園の中心。舌震の名は、『出雲国風土記(いずものくにふどき)』伝承の「和邇(わに)の恋山(したいやま)」の転訛(てんか)したものと伝えられる。JR木次(きすき)線出雲三成(みなり)駅から途中までバスが通じる。[矢野 博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鬼の舌震の関連キーワード出雲平野大橋川島根県斐伊川花客迦陵伽簸川飯梨川舌風

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鬼の舌震の関連情報